« 小腹がすいたので | Main | fan to tokyo »

July 30, 2006

東京0-2広島

クラブがガーロに求めるものと、我々がチームに求めるものとに微妙なギャップが生まれ始めていることに、フロントは気づいているのだろうか。

東京の監督は愛されなければならないと思う。少なくとも今はガーロは愛されていないよな。

たとえば、インディーズのバンドがメジャーデビューするに当たって楽曲の雰囲気を変えて、メジャー路線に走ったとき、これまでのファンは離れていくし、デビューしたときは話題性もあって騒がれるんだが、その後鳴かず飛ばずで解散、という感じに似てなくもない。

また、選手達も成長しているのだろうか。同世代が多く仲良しはいいが、そこに、かの代表のような甘えやナーナーな部分が生まれてはいないか。正当な競争がそこにはあるのか。

とにかく、攻撃してないんだもの。どうやって満足しろというの。本日、以下の文章をクラブの意見箱に放り込みました。

「後半戦のチケット受け取りました。

拡販のお願いはいいのですが、少なくとも今日のようなゲームを見せられてしまうと、貴重な知り合いをスタジアムに誘う気にはなれません。

正直払っているお金分のものを返していただいていないと思います。我々が求める本質をご理解いただき、早急に改善していただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。」

|

« 小腹がすいたので | Main | fan to tokyo »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/11147098

Listed below are links to weblogs that reference 東京0-2広島:

« 小腹がすいたので | Main | fan to tokyo »