« スペイン4-0ウクライナ | Main | 日本0-0クロアチア »

June 17, 2006

アルゼンチン6-0セルビア・モンテネグロ

楽しいなー。セルビア・モンテネグロには申し訳ないが、いいモノを見せてもらいました。

特に2点目は、アルゼンチンサッカーの真骨頂。ロドリゲスが自陣でボールカットするところから始まったパスの軌跡は途切れることなくゴールまで導かれた。その数24本。

エインセマスチェラーノリケルメロドリゲスソリンロドリゲスソリンマスチェラーノリケルメアジャラカンビアッソマスチェラーノロドリゲスソリンロドリゲスカンビアッソリケルメマスチェラーノソリンサビオラリケルメ(右アウトのリターンパス!)21サビオラ22カンビアッソ(浮き球をワンタッチコントロールで落とすパスがグレート!!)23クレスポ(ヒール!!!)24カンビアッソ、左足シュート!!!! gooooooooooal!!!!!

素晴らしい。出るのは溜息ばかりなり。

この流れを読んでいると、左サイドを出たり入ったりして隙をうかがっているのがよくわかる。サビオラに入ってからはトップスピード。ディフェンスが完全に左に寄せられてしまって、中央から入ってきたカンビアッソをフリーにしてしまったわけだ。

素晴らしいのは攻撃ばかりではない。3点目はサビオラの前線からの守備からだし、中盤も早いプレスで相手に前を向かせない。クレスポですら前から追いかけていく。守備に入ったときの戻りも早い。完璧ですよ。

後半はセルビア・モンテネグロが切れて、1人退場してからはアルゼンチンのやりたい放題。残り15分でメッシが登場してから攻撃に加速度がついて、そこから3得点。すばやいFKからメッシが左からグラウンダーのセンタリング。これをファーに詰めたクレスポが押し込んだように見えたが、どうもOG臭い。5点目は先輩テベスが意地を見せ、強引にエリアに侵入するとGKの動きを見切ってファーサイドへ流し込む。ゴールショーの最後はメッシその人。テベスからのラストパスを冷静に狭いニアに打ち込んだ。

コンビネーションあり、個人技あり、ヒールだアウトだ、何でも有りだ。こんな大舞台でこれだけ楽しいサッカーが出来るなんて。その国固有のサッカーDNAが自然にそのようなプレーをさせているのだろうが、それにしても羨ましい。日本にはそんなDNAはまだ形成されていないもの。

このレベルに到達するのにはどれくらいの時が必要かはわからないが、最終的なイメージを持っていなければ、いつまでたっても場当たりの即興サッカーしか出来ない。少なくともこの4年間は無駄に過ごしたわけだ、わが代表は。せめて、うちのチームは高い志を持ち続けて欲しいと思うよ。夢がなければ応援する甲斐もない。

|

« スペイン4-0ウクライナ | Main | 日本0-0クロアチア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/10556340

Listed below are links to weblogs that reference アルゼンチン6-0セルビア・モンテネグロ:

« スペイン4-0ウクライナ | Main | 日本0-0クロアチア »