« 監督人事 | Main | 日本1-3オーストラリア »

June 11, 2006

アルゼンチン2-1コートジボワール

今大会の一つ目のモチベーション、アルゼンチン。

前世代的システムが、近代サッカーにおいて如何に有効かの検証。そして、リケルメは2アシストで証明して見せた。

中盤でボール奪取しても速攻はせず、ポゼッションから崩しにかかるプレースタイルは、今季の東京が理想とするようなサッカーの見本のように思える。ダイレクトからワンタッチで小気味よくパスが繋がり、ゴール前の敵の隙を見つけては、肝心なところにくると急速にスピードが上がり、嫌らしくついてくる。

前半はアルゼンチンが攻めてコートジボワールがカウンターという図式だったが、2-0になってからはアルゼンチンがいなしまくる展開。それでも、コートジボワールは意地を見せた。よく粘って最後ドログバの下がりながらのワンステップシュート。拮抗したまま来ていたら分からなかったが、双方燃料切れで、コートジボワールもこれ以上追いかけることが出来ず、アルゼンチンが難なく逃げ切る。ここで、スタミナが続くチームとやったらアルゼンチンもちょっとやばいかな、と感じた。

それにしても、ソリン。すげープレーヤーだ。

|

« 監督人事 | Main | 日本1-3オーストラリア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/10479312

Listed below are links to weblogs that reference アルゼンチン2-1コートジボワール:

» ドログバ [検索キーワードランキング]
ディディエ・ドログバ(Didier Drogba、1978年3月11日 - )は、コートジボワール・アビジャン出身の同国代表、FAプレミアリーグ・チェルシー所属のサッカー選手。 [Read More]

Tracked on June 28, 2006 at 08:12 AM

« 監督人事 | Main | 日本1-3オーストラリア »