« 最終戦の展望 | Main | アルゼンチン2-1メキシコ »

June 24, 2006

日本1-4ブラジル

先制点までは良かったけど、前半ロスタイム、中澤が肝心なところでロナウドを放してしまったために同点に追いつかれたところで何となく終末は予感できた。何とか頑張って起きていたんだけど、逆転された瞬間にスイッチが切れて、気がついたらゲームは終わっていた。それにしてもこっぴどくやられたもんだ。

一夜明けて冷めまくるマスメディアの反応がとても軽薄に見えて、無責任に見えて腹が立つ。あれだけ楽観的に語っていたちょうちん解説者たちのこれまでの発言を忘れたかのような話し振りにも頭にくる。代表をスポイルしているのが同国のそれなりのポジションにいる連中だというのが悲しい。選手達は真剣にプレーしていた。よくやったと思う。調子の悪かった中村にしても出る以上は彼なりのベストを尽くしていたんだと思う。もっと出来たはず、というヒデの悔し涙を誰も救ってやることはできない。彼の最後のW杯は失われてしまったのだから。

彼らを責める気にはならない。ミスするのは、シュートが枠に飛ばないのは彼らの技術や能力がそこまでだから仕方ないんだ。ブラジル戦、同点にされた場面でも、中澤がロナウドのポジションを把握していればラインを、つまり自分が1、2歩前へ出ることでロナウドをオフサイドに出来たかもしれなかった。トップクラスのディフェンダーはあの狭いスペースでも冷静な駆け引きをするものだ。それが、経験から来るものなのかセンスなのかは分からないが、いずれにしてもワールドスタンダードからはワンランクもツーランクも落ちているその実力を見誤ってチームを作ってきたフロントにこそ問題がある。チームをコーディネートしオーガナイズしていく力が監督にはなかったのだ。

いみじくも、海外メディアの批評で、ジーコはかわいそうという論調があった。彼が目指すサッカーのクオリティに見合った技術を持った選手は中村ぐらいしかいない、というもの。見方を変えればそういうこと。最初からボタンを掛け違っていたわけ。ある意味ジーコも被害者かもしれない。

さて、1分2敗勝ち点1という結果に対して日本サッカー協会はどのような評価を下すのだろうか。韓国も惜しくもトーナメントに進むことが出来なかった。アジア枠はオーストラリアに救われた形。次の4年間を見誤ると、日本サッカー界はラグビーのようになってしまう危険性をはらんでいる。世界を意識するためには、まずACLに対する取り組みを改めていくことだ。

|

« 最終戦の展望 | Main | アルゼンチン2-1メキシコ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/10656313

Listed below are links to weblogs that reference 日本1-4ブラジル:

« 最終戦の展望 | Main | アルゼンチン2-1メキシコ »