« アルゼンチン6-0セルビア・モンテネグロ | Main | イラク撤退 »

June 19, 2006

日本0-0クロアチア

クロアチアにしてみれば引き分けで十分という試合だった。おそらくブラジルはグループリーグの勝ち抜けを決めたいだろうから、オーストラリアに対しては本気で行くだろう。クロアチアはオーストラリアに勝てば勝ち点4で2位抜け出きる。

今日のMOMは川口で決まり。1戦目の教訓を生かし余りある活躍。PK阻止といい、彼がいなければ明らかに負けていたゲームだった。そして、戦犯は柳沢。唯一最大のチャンスだった加地からのクロスに対してあの角度、GKの位置にして右アウトのシュートはありえない。左のインサイドでニアに流し込むだけでよかった。すべからく日本のFWはフィニッシュのイメージに乏しい。アルゼンチンのゴールを見た後だけに余計にそう思う。高原も何の仕事もしなかったな。一体どうやって点を取るつもりだったんだろう。

加地は良くやってた。負傷明けとはいえ素晴らしかった。一方で、アレックスは相変わらずだった。上がるべきときに上がらず、余計なところで突っかけて危険なカウンターを喰らうきっかけをつくる。いや、いまさら何を言っても遅いんだ。そんなことずっと前から分かっていたことだろう。それを許してなおこのチームを作ってきたんだから。

ブラジルに勝ったとしても得失点でクロアチア(あるいはオーストラリア)に勝つことはほぼ不可能だ(負けるにしても2-1と3-1とでは意味が違う。そんなことすらも分からない指揮官でもあるまいに)。お帰りは決定的だが、ここで悔やまれるのは、経験を積ませる若手が一人もいないこと。せめて平山でも連れてきていればと後悔しきりだ。協会は継続させていくことの重要性をどれだけ認識しているのだろう。

全てをリセットして、新しい日本のスタイルをくみ上げていくのにエメ・ジャケはいい選択だよ。キャプテンの引責辞任とともに実現して欲しい事だな。

|

« アルゼンチン6-0セルビア・モンテネグロ | Main | イラク撤退 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/10586190

Listed below are links to weblogs that reference 日本0-0クロアチア:

« アルゼンチン6-0セルビア・モンテネグロ | Main | イラク撤退 »