« ダ・ヴィンチ・コード | Main | 実力不明の1-0 »

May 31, 2006

滑り込みの男

なんとも強運な男だな。これで代表戦のモチベーションがわずかながらでも出来た。中断最後のリーグ戦をサボってまで欲した代表様の椅子だ。行く以上はきっちり仕事をしてきて欲しいと思う。たとえ立場がサブだろうがなんだろうが、ドイツでしか得られない経験はたくさんある。それを持ち帰って、チームに還元するのも重要な仕事だゾ。

それにしてもドイツ戦。一番不安視されていたFWが結果を出した事が最大のサプライズ。眠っていたスシボンバーの爆発。試合勘やゲームスタミナを心配していた柳沢もとりあえずピッチでの存在証明をして見せた。ただ、1点目はカウンターのケアがあまりにもお粗末だったし、2点目もエリア近辺とはいえ、足技がそれほど優れているわけでもない高原にあっさり抜かれてしまったドイツのDFの方を心配してしまう。相手が調整試合となめてかかっていたのかもしれないが、それでも昨日の日本はまずまずだった。
一方で、ドイツ戦の課題と目されていた守備については、注文通りセットプレーでやられてしまい、今まで何の対策を講じてきたんだといいたくなる内容。単純なマークミスと見えなくもないが、このクラスのゲームは一瞬たりとて気を抜くことができないということだ。
ゲーム全体は断片的にしか見ていないが、攻める時間もつくれているし、そう悲観する事もない。あとは、本番で集中力が最後まで続くか否か。とりあえずマルタ戦は完封勝利がノルマだな。

|

« ダ・ヴィンチ・コード | Main | 実力不明の1-0 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/10333174

Listed below are links to weblogs that reference 滑り込みの男:

« ダ・ヴィンチ・コード | Main | 実力不明の1-0 »