« ミニ合宿 | Main | さよなら宇宙人 »

May 07, 2006

FC東京1-2大宮

状況は全くちがうのだが、昨年あれだけ渇望してあとちょっとで手に入れられると思ったとたん勝利がその手からこぼれ落ちた大宮戦を思い出したよ。2連勝で来て前半も押せ押せで何度も決定的なチャンスを作って、1点リードで終わったとき、選手達に今日は楽勝というような満心はなかったか。

ガーロの誤算はモニの負傷退場だろう(実は、この退場も気になった。太腿裏のトラブルらしいが退場したときの雰囲気からすると自ら退いた感じ。もし、モニに代表のことが頭にあっての行動だったとしたらちょっとガッカリだぞ。クラブあっての選手じゃないのか?)。そもそも5番が出てきた時点で(ガーロはモニの不在を敗因にはしていないが)ヤバイと思ったのだが、ここでカードを1枚使わざるをえなくなったために、結果的に後半の修正が中途半端なまま終わってしまった。まぁ、その前の修正をちゃんとやっていれば問題なかったといえばそれまでなのだが。

押し込まれていたのに前線の基点だった川口を下げたり、中盤の守備を補強するルーカスを前線に上げてしまうなどカードの切り方自体?だった。リチェーリがきちんと機能していればこんな愚痴も書く必要が無い。でもそうはならなかった。これは監督の責任だ。後1枚あれば軌道修正=引き分けで終了できたかもしれない。たとえば、電池切れだった宮沢に代えて、チームを落ち着かせ鼓舞するためにフミタケを投入するとかね。
ただその前に、前半決めるべきところで決めておけばという話。2点、3点取れなかったツケが後半回わってきたわけで、ある意味自業自得といえる。連戦で疲れが溜まってきているのは相手も同じ。電池切れが顔に出てしまっていてはナメられるだけだ。失点は2得点ともセットプレーだったが、大宮の圧力に完全に圧倒されていた。その勢がゴールに結びついたように思う。気持ちで負けていた。これは監督の采配以前の問題。

まぁ、去年の今頃はまさに泥沼っていう感じだったんだから、五分の星で中断期間に入れるのは上出来ではないのかな。連勝できればそれに越したことは無かったが、もったいない負け方で課題はまだあることを選手もチームも認識できたのだから、7月から気を引き締めて再開できるのではないかな(って、お菓子杯はすっかり意識の外ですが。あとササはもしかしたら…by あらたな共進倉庫伝説)。

それにしても最後は一番決められたくない奴にやられてしまった。そこが一番むかつく。

|

« ミニ合宿 | Main | さよなら宇宙人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/9940749

Listed below are links to weblogs that reference FC東京1-2大宮:

« ミニ合宿 | Main | さよなら宇宙人 »