« ドッジボール | Main | FC東京3-1磐田 »

April 07, 2006

東京(フロント)の目指すところ?

首都東京にふさわしいビッグクラブを目指したい。どこかでこんな事を言ってたはず。その考え方をベースにクラブ創りをしている只中にガーロがいる。フロントが考えるビッグクラブを創るうえで、ガーロは適材であると。そもそも、フロントの言うビッグクラブとはどのような定義なのだろうか。勝手に解釈すれば、(世界の)ビッグネームが集い、他を蹂躙して勝ち進む常勝軍団、あるいは銀河系のようなスターを擁する、勝っても負けても華やかなチームといったところだろうか。いずれにしても監督は添え物であり、選手もしくは展開されるサッカースタイルが“売り”になる。
選手でいえば、アモローゾという今年の目玉が早々にこけてしまった。代表レギュラーの加地も出て行った。だから、もうひとつのガーロという要素に耳目が集中した。どんなサッカーをやるのかという興味。事前から攻撃サッカーがキーワードであり、それにふさわしい監督というふれこみだった。
蓋を開けてみれば、攻撃サッカーとは程遠い内容になっている。今のサッカーを守備的とは言わないが、結果的に守備しか目立つところがないというのも事実だ。今ちゃん曰く『考えるサッカー』を志向している割には、マンツーマンという至極分かりやすくベーシックなディフェンス戦術を取り入れてくるなど、いまだガーロが目指す攻撃サッカーというものがハッキリ見えてこない。
守備のリスクを負ってでも使い続けているノリオは、ガーロ・サッカーの象徴のひとつだろう。しかし、彼が攻撃面で上手く機能したシーンはこれまでも少ない。彼が縦に入る時は、すでに中央は固められており、よほどクロスの精度が高くなければ得点の匂いはしてこない。ノリオは瞬間的な縦のスピードはあるが、長距離移動が苦手。カウンター気味のアーリークロスなどはなかなかお目にかかれない。さらに、攻守が逆転してしまうとディフェンスに戻るスピードは絶望的。ウイングハーフというなら分かる。しかし、SBはない。それでも、ノリオの左足にこだわるということは、この状況を個人として打破するような要求が彼に対して出されているはずである。推測はいけない事だが、ノリオに限らず他のレギュラークラスに対しても、監督から宿題が出されているのではないかと思う。
心配なのは、宿題の答えがまだ見つかっていないのではないかということ。答えはわかっているが、その回答途中にあるというのなら時間(練習と経験)が解決してくれそうだが、そこまでいっていないとなると、本当に1年かかるかもしれないなと思う。即結果を求めるサッカー先進諸国と違い、フロントは恒常的に強いチームを今のメンバーで創る事をガーロに要求していると思われ、ガーロはそこそこの成績を残しながら、与えられた時間を目一杯使うつもりなのだろう。その許された時間は1年なのか3年なのかわからないが、とにかく、必ずどこかでガーロサッカーの完成型を見せてくれないとサポーターも納得はしないだろう。そのサッカーが好きか嫌いかは別にしてもね。
ところで、ガーロは新しい外国人フィニッシャーをフロントに要望していないのだろうか。すでにルーカスは『師匠』の域に達しようとしているゾ。

|

« ドッジボール | Main | FC東京3-1磐田 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/9466014

Listed below are links to weblogs that reference 東京(フロント)の目指すところ?:

« ドッジボール | Main | FC東京3-1磐田 »