« 東京(フロント)の目指すところ? | Main | 免罪符 »

April 09, 2006

FC東京3-1磐田

かつて我々をちんちんにして全く寄せ付けなかったチームは影も形もなくなっていた。ポゼッションの東京、堅守速攻の磐田。展開するサッカーはまるで逆転。隔世の感がある。そして今日はうれしいことが3つあった。

一つはルーカスの復活。もう我慢の限界”と書いたとたんに爆発。不思議なものだ。攻守にわたって活躍してくれた。

磐田は最終ラインをフラットにして高めに上げようとするが、逆にタイミングさえ合わせれば簡単に裏を取りやすい。ルーカスの一点目はまさにそんな感じ。得点機以外でもサイドのスペースに流れてササにラストパスを供給していた。キレキレでした。シュートも1、2点ともに足の甲の面を丁寧に作ってコースを変えているだけの、非常に力の抜けたいいワンタッチゴールだった。最初のチャンスでふかしてしまったのと比べるととってもスキルフル。これをきっかけにゴールを量産してくれればよいのだが…。

二つ目は“3点目”。中盤の4人で取った得点。陽平が左サイドで基点となり、中の宮沢が左のスペースへ縦パスを送ると、走りこんだ今野が中をよく見てマイナスクロス。GKが出れるか出れないかという絶妙のコースに飛ばすと、ファー(DFの背後)から飛び込んできた栗がスライディングシュート。完全に磐田のDFを崩したこの一連の動きこそが見たかった攻撃なのだ。こちらから仕掛る攻撃こそがポゼッションサッカーの醍醐味。このスタイルがもっともっと出てくれば未来は明るい。

そして三つ目は磐田コンプレックスはもやは過去のものとなったこと。磐田に福西がいなかった事はあるにしても、時折5バックにもなる磐田は始めて見た。あれでは4バックの意味が無い。攻めに転じるときもスピードがなく、前線の基点がカレン1枚でしかも中盤と距離が離れているためボールが収まらない。ポゼッションで有利と見るや、ガーロは後半から名波をウォッチさせていた伊野波に代えて宮沢を投入する。この交代が両者の力関係を如実にあらわしていた。

ポゼッションで有利になっていたため、前半から両SBが高い位置を保つことができた。さらに、サイドでは徹底的に1対1の勝負を仕掛ける。ここで勝てるようになってきているのも大きい。

中盤の構成力と1対1が上手く機能するとこういう結果になる、という見本がこのゲームなんだろう。G裏からも思わず『セクシー東京』コールが飛び出てきた(鳴いたカラスがもう笑った、って感じだね。目先でものを見ていると結局どこにもたどり着けなくなるよ)。横浜のように、個々の選手のクオリティが高くオーガナイズされたチーム相手にはまだまだだが、結構良いところまではできてきているわけだ。とりあえず方向性は間違っていないことが検証されただけでもうれしい限り。こういうサッカーがコンスタントにできるようになれば文句はない。次はオシム・ランニング・サッカーである。東京の地力を高めるには絶好の相手といえる。相手あってのサッカーなれば、まず動き負けないというのが大前提。また、楽しいサッカーを見せてくれ。

|

« 東京(フロント)の目指すところ? | Main | 免罪符 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/9504796

Listed below are links to weblogs that reference FC東京3-1磐田:

« 東京(フロント)の目指すところ? | Main | 免罪符 »