« 今日の夕餉 | Main | 今週のダイジェスト »

April 16, 2006

FC東京2-3千葉

不細工なゲームだったし、不細工な点だったね。千葉のプレーの方がなんぼか金が取れるプレーだったか。とにかく走るし、基本に忠実。ワンツーを使いながら確実に繋ぎつつ前へ出て行くスピードがある。迷いが無いし、必ず第2第3の動きがある。ダイナミックというか、攻めに迫力がある。3点目なんか何でそこに走りこめるのかっていう感じ。対して東京のディフェンスは千葉の動きに後手後手を踏んで、やられるべくしてやられた。得点差は1点かもしれないが、サッカーの質としてみれば相当の開きがある。走り負けないのが前提って書いたのに、全くそこで負けてしまっていては最初から結果が見えているようなものじゃないか。3点目が入って千葉がちょっとお腹一杯モードに入ったからプレスもゆるくなったが、それでもカウンターで相当ヤバイシーンを作られているし、ハンドにしてもキーパーのハンブルにしてもラッキーでしかない。

千葉のディフェンスの戻りが非常に早かったこともあるが、手詰まりのシーンが多かった。プレスのきつい前半はほんとにサッカーになっていなかった。それにしても東京のプレーにはなんか迷いが感じられる。ボールを受けてからどうしようかと考えている。逆に思い込みで受け手とのコミュニケーションが成立していないところでパスを出したりもする。日ごろの練習の問題なのか、それともピッチ上の選手間の問題なのか。それはよくわからない。しかし、手詰まりになっているときに、どうすれば敵の間隙を縫ってゴールをこじ開けることができるかを考えるのは選手の仕事であり、それは単騎ではできない。ゴールまでのイメージを、敵の弱点を探索しながら切り開いてこそトップレベルのプロではないのか。そのアイディアが乏しいし、それを実践するだけの動きの質も伴っていない。後半3バックにしたが、システムの問題ではないと思う。やっぱり戦う気持ちの問題なのだ。

磐田戦の3点目は幻だったのだろうか。

ガーロ> とにかくノリオのSBはやめてくれ。

|

« 今日の夕餉 | Main | 今週のダイジェスト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/9626073

Listed below are links to weblogs that reference FC東京2-3千葉:

« 今日の夕餉 | Main | 今週のダイジェスト »