« 焼きさば寿司 | Main | 本日のGV »

April 30, 2006

FC東京2-1名古屋

ジーコが観ていたらしい。そのせいか代表に呼ばれたことのある連中が異様にはりきっていた。モニなんか何度も攻め上がったりして頻りにアピールしていたし、土肥も楢崎もナイスセーブを連発。名古屋がグダグダだったわりに、ゴール前はスリリングな展開になっていた。

サッカーは相手のあるゲーム。敵がダメだとこちらが良く見える。だからといって東京の現状に何の不安もないかというとそういうわけでもない。

でも今日は、ボールに対する寄せは東京の方が一歩も二歩も早く前でチャレンジしていたし、ボールコントロールの技術も上回わっていた。ゲーム頭から名古屋のDF陣が棒立ちだったので、点が入るのは時間の問題と思って見ていたが、やってくれましたねルーカス。今日は頭で2得点。トップ下から入っていくスペースがよく見えていたせいかな。名古屋がフリーにしすぎというのもあるが。さらに川口と赤嶺。効いていたねぇ。できれば、彼らにももっとシュートを打って欲しいと思う。

しかし、名古屋はひどいね。ミスがすごく多い。不用意というか気が入ってないというか。さらにその下が居るので目立たないが、あの状態が続くと立派な降格候補だ。うちも人様の事はあまり言えたもんじゃないが、サポの心中察するに余りあるよ。

ガーロに対しては相変わらず賛否両論。でも、以前ほど下位にとりこぼすことがなくなって、チームの実力なりの結果を出せるようになってきたのではなかろうか(強いチームに対してはちゃんと実力通りに負けてしまうのもちょっと悲しいが)。選手も徐々にやる気を見せ始めている。ピッチ上のコミュニケーションもでき始めている。堅守速攻、サイド攻撃などガーロの「攻撃スタイル」を規定する明快な言葉は見つからないが、選手の個性を生かし、それが上手く融合できたところにゴールが見えるような気がする。無手勝流とでも言うのだろうか。選手を信じるサッカーとでも言うのだろうか(やっぱりガーロサッカーの象徴は「ノリオ」なんだろうな、と改めて思う)。自立的かつ自律的な組織はほんとうに強いよ。それができるようになれば、東京はまだまだ強くなる。

|

« 焼きさば寿司 | Main | 本日のGV »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/9827213

Listed below are links to weblogs that reference FC東京2-1名古屋:

« 焼きさば寿司 | Main | 本日のGV »