« 本年初飛び | Main | 体が痛い »

March 26, 2006

FC東京2-1京都

引き分けさえ許されないゲームで、しょっぱなCKからジャーンが先制したことで、これは大量点もありうると、大きな勘違いをしてしまったオイラは浅はかでした。

伊野波がパウリーニョのマンマークに付いたことで3-5-2のようにも見えるシステム。前半はノリオがなぜかフリーになるケースが多く、何度か左からいい形を作った。京都の中盤があまりガシガシプレッシャーをかけてこなかったこともあって小僧は気分良く仕事をしていた。中盤の底まで降りてボールを持ってはリズムを作っていた。陽平は少し低い位置から長短のパスを操り出す。この2人を今ちゃんがリンクさせていく。中盤を構成するとは正にこういう事なんだろうな。しかし、おしいシーンはあるものの追加点が奪えず、逆に前半終了間際、CKからのこぼれ玉をほとんどO.Gのような形でアレモンにループヘッドで決められ同点に追いつかれてしまう。脇が甘い。
後半、京都もノリオのケアをして攻めてくるが、パウリーニョを封じられ攻め手を欠き、またもやもどかしい展開に。ガッチリ引いた相手を前にボールはPエリア外を右に左に往ったり来たり。両サイドは使えるがクロスの精度が問題。中にDFが待ち受けているにもかかわらず崩すアイディアがない。これで終わりかと思った終了間際、トクが角度0からグラウンダーのクロスを蹴ると、これがGKの脇を抜いてファーポストの内側にはね返ってニアのサイドネットをゆらした。この奇跡的なシュートによって京都を突き放し、正に九死一生を得る。
パウリーニョを抑える作戦が奏功し失点は交通事故の1点で済んだ。しかし、攻撃はまだ課題が多い。その大半は選手側にある気がする。今日の反省会では、特にスタメン復帰の陽平には注文が多かった。今日の陽平は、相手のプレシャーもきつくなく、ちょっと低めの位置に構えていたせいもあって比較的プレーにゆとりがあったから目立たなかったかもしれないが、相変らず運動量が少なく、攻撃のサポート、守備のカバーが出来ていない。陽平も今年が正念場だ(仲間内ではマッスウはすでに見捨てられ、身売り先の検討に入っています)。

全体的に思うのは、みんな次のプレーを予感していないというか、ボールホルダーしか見ていないというか、信じて動き出していないというか、そんなことがピッチのそこら中でおこっているので、プレーがいつもワンテンポツーテンポ遅くなっている。相手の守備のための準備時間を与えてしまっている。整う前にパニックに陥れるような渦巻き運動が見たいものである。

ところで、角度0シュートって、『俺たちのフィールド』の拓馬?だったっけか。

|

« 本年初飛び | Main | 体が痛い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/9272356

Listed below are links to weblogs that reference FC東京2-1京都:

» 東京2-1京都 この辛勝の価値は? [スポーツ新聞よりDEEPなスポーツブログ]
なんとか勝てたけど、内容は良くありません。 とにかく、ボールを奪った後の攻撃が遅過ぎます。 まだガーロ監督の意図が 選手に伝わりきれていないのでしょうか。 「攻撃をしているのにもどかしい」というシーンが多くありました。 不思議なのは梶山陽平のプレー... [Read More]

Tracked on March 27, 2006 at 12:18 AM

« 本年初飛び | Main | 体が痛い »