« 東京2-1甲府 | Main | システム »

February 27, 2006

ブーイングの解釈

昨日のマッスーに対するブーイングに?をつけている方が意外と多かったので、オイラなりの解釈を加えてみる。

①東京のコアサポは攻めるのが好き。なので、たとえボールを失わないことが大事だからといって後ろに下げる事は死んでも嫌という人が多い。

②それまでもDF間のパス交換で敵に奪われそうになったり不安定なプレーをしているにもかかわらず、安易にGKに戻したことに対するお怒り。

③戻したボールを大志が大きく前へ蹴るだけなので、大きく蹴るだけならマッスーがやっても同じ。それ以上に、彼のフィードセンスに期待しているのに、自分のプレーをアピールするチャンスを自ら放棄している。(ジャーンは良く放り込んでるよね)

④パスコースがない=中盤から前が動いていない事に対して、マッスーなりのアクション、アピールがない。

といったところでしょうか。前半一度果敢な攻め上がりを見せていただけに、そのギャップに対するブーイングなんだと好意的に解釈しておきましょう。

|

« 東京2-1甲府 | Main | システム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/8859416

Listed below are links to weblogs that reference ブーイングの解釈:

« 東京2-1甲府 | Main | システム »