« ミュンヘン | Main | ブーイングの解釈 »

February 26, 2006

東京2-1甲府

ガーロ東京のお披露目はあいにくの空模様。天気同様ゲームの中身もあまりパッとしなかった。確かに勝ったけれどそれだけ。得点はいずれも単発で、チームとしての攻撃力はまだまだといったところ。PSMだから、とはいいつつ今シーズンも苦労しそうな予感がする。

今日のスタメンにコメントなんぞつけてみる。

大志…土肥、塩田に代っての出番だが、キャッチングの安定感は今ひとつ。キックもコントロール、飛距離とも物足りない。甲府の淡白な攻めに救われた。(バレーの一撃はラッキーだった)

増嶋…バックパスを2度3度繰り返し、スタンドから唯一ブーイングを浴びる。ポゼッション重視がガーロのポリシーとはいえ、バックラインでのリスキーな回しや、敵FWとの距離感を無視したバックパスを見てしまうと、どうしてこんなになってしまったんだろうと嘆きたくもなる。(失点も彼のノールックパスwからだったのでは?)名門市船のキャプテンシーを張っていたプレーヤーが前へ行けないのは悲しいことだ。

前田…かなりドキドキものだったがなんとかこなした。たしか、本職はCBだったんじゃ。先行き不安。

トク…前が開いて出て行くときの迫力は加地以上といえる。守備の安定感も高い。右サイドのコンビネーションが熟成されてくれば、シュートチャンスも増えていくだろう。

ノリオ…開始直後は元気だったが、甲府が左サイドを使い始めてからは守備に専念。ついていくのが精一杯といったところ。押し込まれたおかげで、前が開いても走らないという悪循環に。彼の思いっきりのよさが影を潜めてしまった。後半ジョーが入り左サイドも活性化したことを考えると、やはり開幕スタメンは難しいかもしれない。

伊野波…ボールの収まりが悪く、危険なシーンを作り出すことたびたび。プレッシャーを受けると全く余裕がなくなる。視野が狭い。大学とプロの違いを実感しているのではなかろうか。後半今野が入り中盤落ち着きを取り戻したことを考えると、1枚で中盤の底はかなり心配。

宮…全くいいところなし。伊野波が不安定で引っ張られた感はあるが、攻めの組み立てにはほとんど関与できず消えていた。やはり左しか蹴れないというのは、時間もスペースもない中盤では致命的だ。持ち替えるだけでテンポが遅れてしまう。

陽平…右サイドでちょっと窮屈な感じがする。シュートも打つには打ったし、徳にいいパスも供給したが、物足りなさが残った。

ルーカス…真中引き気味で攻撃の起点になったいるのは昨年と同じ。違うのは彼の前に2人のプレーヤーがいることでサポートの幅が広がった。展開にバリエーションができている。後半、小僧をトップ下にいれルーカスを前へ出すというオプションも効果的。それにしてもルーコンと小僧の相性はよいなぁ。

ササ…得点は彼の個人技によるもの。今年はかなり期待できる。

よしろう…ササの周りをぐるぐる精力的に回ってチャンスを作り出す。この2トップはいいコンビだ。しばらく固定して欲しいと思う。

DF陣はレギュラーが戻れば問題はない。藤も元気だったし、彼がいればなんとかしのいでいけそう。問題は攻撃陣。結局中盤高い位置でのプレスから、サイドへ展開し、中央に3枚入っていくパターンは昨年同様。ショートパスで中央を切り崩すパターンもあったが、コンビネーションはこれからといったところ。持っていて取られて逆襲も去年同様。ポゼッションから崩していくサッカーには程遠い。鍵は中盤の運動量なのだが、ルーカス頼みでは進歩がない。(でも、アモローゾ、ミランを選んでくれてありがとう。)

それにしても、小僧は今年もふてぶてしい。赤嶺に出したきわどいスルーパスに大笑いしてしまった。終盤甲府も前掛かりになって、カウンター気味に攻撃を受ける際、小僧をフリーにしすぎていたから好き勝手やっていた感じ。プレッシャーを受けるスペースでどこまでできるか、その成長振りを早く観たいもんだ。

今日は中盤ひし形の4-4-2は最後まで固定して、メンバーだけ変えていた。戸田や栗がどこにはまるか想像しやすいのだが、この状況でナオはどこにはまるのだろうか。

|

« ミュンヘン | Main | ブーイングの解釈 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/8853450

Listed below are links to weblogs that reference 東京2-1甲府:

« ミュンヘン | Main | ブーイングの解釈 »