« F東京新監督にガロ氏 | Main | 早稲田40-3明治 »

December 03, 2005

C大阪2-2FC東京

さてさてさて。

やっちゃいましたねぇ。恨まれるだろうなぁ。今ちゃんなんか悪魔だね。

セレッソが3分で先制したときは、このゲームもつれるなぁという予感はあった。事実、先制点を入れてからのセレッソはことごとく受身にまわり、逆に東京は前で追い込み、コースを限定したところでボランチやサイドバックがボールを奪い、そこから早い逆襲を繰り出していた。ノリオの同点弾も、セレッソのサイドの守りがユルユルだったこともあるが、切り替えの早い攻めの結果だった。

このゲームのポイントはやはりゼ・カルロスのPKだろう。土肥ちゃんの駆け引きがゼ・カルロスを過剰なまでに慎重にしたんだろうね。黄色をもらった以上の価値があった。

セレッソの2点目は、DFのこぼれ玉がたまたま西沢の前にこぼれたってだけで、そのときはセレッソにまだツキがあると思った。しかし、彼らはその運を自ら逃してしまったように思う。3点目を入れなければと言っていた彼らだったが、30分を過ぎて完全に守りに入ってしまったからだ。前半戦の東京であればそれでジ・エンドだったかもしれないが、今はそこから点をもぎ取れるだけの力が戻ってきている(ただし、ユウスケだけはいただけなかったな)。それにしても、今ちゃんがトップスコアラーとは…(この辺は振り返りで)。

今日は5元中継で、多会場の途中経過を見ながらのTV観戦だったから、ガンバが引き分けていた段階では負けてもいいかなと思っていた。ほんと、あそこだけには優勝して欲しくないからね。でも、ガンバが等々力で勝ち越してからは、こっちは俄然引き分けのほうがいいってことになる。桜組にはお気の毒だが、勝ちきれなかったということは、結局はそこまでのチームだったということではないかな。

これで、“ヒール”FC東京としてのノルマ(残っていた上位4チームから勝ち点をもれなく削ること)は無事達成できたので、満足してシーズンを終了することができました。勝てなかったけれど、優勝を目の前で見せられなかったし、終わりよければすべて良しです。

さて、ぼちぼち振り返りに入りますか。

追記:入れ替え戦は、が最後の意地で京都に勝利。との対戦権を得ました。今年は、そう簡単には行かないような気がします。金町ダービーを取るか、青赤ダービーを取るか。でも、小倉退団しちゃうんだよなぁ。難しい選択だ。

|

« F東京新監督にガロ氏 | Main | 早稲田40-3明治 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/7447673

Listed below are links to weblogs that reference C大阪2-2FC東京:

» 天皇杯も忘れるな! [Hola amigos]
 Jリーグを愛する私たちにとって、楽しみ土曜日はもうすぐそこですね。 東京はアウェイでセレッソ大阪と長居で戦います。チケットは前売り完売だし、注目も大きいので、大変な盛り上がりになることでしょう。  で、東京サポの私はあえてお願い申し上げたいことが、、、 (1)天皇杯(12/10 浦和戦)も忘れないでね!    ⇒ケガ人を無理して使わずに。。。 (2)いじめっ子ぶりを発揮するのも良いんだけど、 ... [Read More]

Tracked on December 03, 2005 at 11:59 PM

« F東京新監督にガロ氏 | Main | 早稲田40-3明治 »