« C大阪2-2FC東京 | Main | 生涯現役 »

December 04, 2005

早稲田40-3明治

わが母校はここ5年負けなし。在学当時はバックスの早稲田、フォワードの明治を字で行く展開がほとんどだった。体の大きくないオイラは、体格に物言わせてゴリゴリくる明治がすごーく嫌いだった。ところが最近は早稲田のほうがFW戦で優位に立っている。終盤は盛り返されたもののボール支配率は圧倒的で、モールの縦への突進力は往年の明治ラグビーと錯覚するほどの迫力があった。それに伝統のバックスが加わるのだから、大学レベルでは無敵を誇るのも無理はない。

観戦はテレビだったが、見ていて非常に訓練されているなという印象を持った。ボールへの寄せの早さ、ディフェンスへの戻りの速さ、今日は雨のため手元がかなり滑っていたのかノック・オンが多かったが、基本に忠実なプレーが連続して正確に繰り出せるところが早稲田の強さではないかと思った。明治のプレーヤーは明らかに後手後手を踏んでいた。解説では、早稲田のほうが無駄なプレーがないとも。相手ボールと分かればラックに関与せずラインに戻って体制を整えたり、やるべきことがハッキリしていたと。確かに個々の強さにも差があったように思うが、とにかくよく走っていた。

明治は北島監督が亡くなられて10年だそうだ。とにかく縦へ、という明治ラグビーのコンセプトは継承されなかったのだろうか。チームには精神的な支柱、いつでも立ち戻れるところが必要なのだ。その心棒がないチームはどんなチームスポーツでも脆い。

|

« C大阪2-2FC東京 | Main | 生涯現役 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/7469412

Listed below are links to weblogs that reference 早稲田40-3明治:

« C大阪2-2FC東京 | Main | 生涯現役 »