« プライド | Main | 新・欠席届 »

November 10, 2005

惑星大怪獣ネガドン

さてさてさて。

つられて観にいってきました。そしたら並んでる並んでる。300人以上が詰めかけ、立ち見も出る盛況ぶり 。これが連日続いているらしいから凄いものである。

何の情報もなく池袋テアトルへ行ったのだが、今日は粟津監督(31)となぜか林家しん平(50)のトークショーがおまけでついてきた。実は本編よりもこっちのしん平の話が面白くてげらげら笑ってしまったのだが、おかげで映画の方を忘れるところだった。

IM000028作品は、一人のCGクリエーターがコツコツ2年以上の月日をかけて作り上げた25分の怪獣映画である。昭和100年(しん平が「やられた」と言ってたが…)、火星のテラフォーミングによって発掘された宇宙怪獣ネガドンが地球で目覚め暴れるという至極ありきたりな展開。昭和中期以降の怪獣映画に対するオマージュでもある。なにせ25分なので描きこんでいられない。メカの見せ場を中心に終わりとはじめをくっつけたような映画になっていることは確かなのだが、この際ストーリーはどうでもいい。一人の人間の集約された労働力の結晶に圧倒されるのである(その反面、人間の労働賃金に換算してみるとひどく低予算で、やっぱりその値段なりのクオリティなんだなと納得してしまうのであった)。ミニチュア特撮特有のフレームがぶれる演出をわざわざCGでやってしまう無駄なこだわりこそ、この作品の本質といえよう。ある意味個人の思い入れのみで成立しているのだ。

ただ、この作品にこれだけのヒトが集まってきている事実は、また驚きでもある(しかも上映期間延長が決まったそうで、あと1週間続けるとのこと)。客層は、CGクリエーターらしい集団、学生(たぶん工学部系、専門学校かな)、その筋の業界の人たちが目立っていたが、その中に、何かを期待して来てしまったスーツ姿の中年サラリーマンが程よく混じっている。みんな好きなんだよなぁ。実際、ネガドンはかっこよく、対するmi-6も出渕裕デザイン並に洗練されている。これも一種のカルトなんだろうなぁ。

本編が上映された後、しん平がメガホンを取った?!新作怪獣映画の予告編が流された。こちらは実写で金もかかっている。でも、トークショーでしん平が言っていたが、もはや映画は予算ですべてが決まってしまうような物になりつつある。いくら邦画が気張ってみたところで数十億が精一杯。ハリウッドのヒット大作は3桁が当たり前の時代である。予算の差はクオリティの差になってすぐ現れてしまう。この現実に対して、家内制手工業の塊のような映画、このネガドンのような映画には、どんな可能性が秘められているのだろうか。実際のところ、しん平の言うとおり、ネットの海にはまだ誰にも知られていない怪物が眠っているのだと思う。いつの日かそれは突如として起きだし、あっという間にネット界を席巻するかもしれない。出来合いのエンタテイメントとは性質を異にする、非常に私的な生成物が世界の共感を獲得するかもしれない。

ネットの時代とはそういう時代なのだ。

|

« プライド | Main | 新・欠席届 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/7006614

Listed below are links to weblogs that reference 惑星大怪獣ネガドン:

» 「惑星大怪獣ネガドン」 [【徒然なるままに・・・】 by Excalibur]
世界初の”全編CG怪獣映画”として話題になっている作品。 なんだか評判が良いのでレイトショーで見てきました。 う~ん、確かにこりゃ凄いや。 お話は至ってシンプルだし、上映時間も25分とコンパクト。 ただこれが実写を一切使わない全編フルCG映像だというんだからねぇ。 映画は確実に「一人で作れる時代」に突入したというわけだ。... [Read More]

Tracked on November 18, 2005 at 11:13 PM

» 惑星大怪獣ネガドン [□film-navi〔フィルムナビ〕]
映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトの惑星大怪獣ネガドン情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。... [Read More]

Tracked on December 02, 2005 at 03:59 PM

» 惑星大怪獣ネガドン 今年の236本目 [猫姫じゃ]
惑星大怪獣ネガドン す、す、すごい、、、 フルCG、短編。 若手映像クリエイターの粟津順監督が、音楽と声優以外のすべてを一人で手掛けた渾身作。(yahoo) ちょっと、ネットで調べよう。 ― 惑星大怪獣ネガドン公式サイト ―「惑星大怪獣ネガドン」フルCGなのに...... [Read More]

Tracked on December 08, 2005 at 03:52 AM

« プライド | Main | 新・欠席届 »