« ヒトというもの | Main | 惑星大怪獣ネガドン »

November 09, 2005

プライド

死ぬ気だね。罰ゲームといわれるほどに過酷なACL予選に耐え切るだけの体力があるとは思えんのだが。あのマリノスですら怪我人続出で挑み、砕け散って、リーグ戦も降格に怯える日々を送らなければならなくなってしまっている。磐田なんかは、そこそこやって上手く切り抜けたなという感じだ。
名門の意地みたいなものなんだろうが、残留できてもまた来年苦労しそうだし、J2に落ちたら、それこそ1年で復帰は難しくなってしまうんではないかい?今週のサカダイでもダービーについて触れられていたけど、サポーターとして、あの特別な感じがなくなるのはやっぱり哀しいと思う。来年の事など気にせず、今は残留する事だけを考えといてよ。

|

« ヒトというもの | Main | 惑星大怪獣ネガドン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/6990637

Listed below are links to weblogs that reference プライド:

» ACLを巡る問題について(上) [◆木偶の妄言◆]
読売(東京ヴェルディ)が降格ゾーンにいることで、来年のACL(AFC・チャンピオンズ・リーグ)への参加チームをどうするかが議論になっている。 読売サイドは「降格してもACL出場を辞退しない」(記事)とするが、Jリーグでは「J1の2位チームを代替参加させる」意向だ(記事)。 参加チームはどうするか、そして日本勢敗退が続くACLに出場するチームへのサポートはどうすべきか。私見を述べる前に、ACLのこれまでの歴史を振り返ってみる。 ACLは各リーグ戦優勝チームが集うアジアクラブ選手権と、... [Read More]

Tracked on November 10, 2005 at 03:46 AM

« ヒトというもの | Main | 惑星大怪獣ネガドン »