« 車検 | Main | 俺の陽平 »

November 01, 2005

FC東京2-1G大阪

暑かったねぇ。ゲームも熱かった。

今年2回目の友人招待デーで、今回は利田の若衆を引き連れて、久しぶりにバックスタンドで観戦する。2人ともサッカー観戦は初めてだったらしい。マフラー買って喜んでたよ。これがきっかけで、自腹で何度かスタジアムへ足を運んでくれるようになればいいんだけどね。ただ、たまたま今日はこんな結果に終わったけれど、いつもいい時ばかりではないんだね(特に今年は辛ろーござんした)。フットボールは人生そのものだよ。それが分かるには2人ともまだ若すぎるかな。

開始直後のCK。とにかくあのはげ頭がすごく気になって、ケアしろって思ってたらマークが外れて決められてしまった。ただ、まだ始まったばかりだったし、その後の展開は落ち着いていたし、たとえこのまま行ったとしても結構納得の行くゲーム運びだった(とりあえず、相手は首位だし、善戦ってコトで)。そこで飛び出た小僧の一発だったから、もしかしたら、の予感もよぎった。

後半に入ってからはいよいよ東京ペースだった。ガンバは中途半端にリードしてしまったものだから、前へいくべきか後ろで構えるべきかどっちつかずになっていたように見えた。だから、小僧の同点弾でリセットされたゲームに乗り切れなかったのだろう。また、ヴェルディもそうだけれど、得点源が一極集中しているチームは案外脆い。肝の部分を抑えられてしまうと一気に萎む。ただ、その意味で大黒が調子を落としていてくれたのはラッキーだった。

東京の方は「得点源ってどこにあるの?」ってくらいにバラバラ。どこからでも取れる、特定選手の好不調に左右されない、というメリットがある。今日のルーカスのようにあれだけ打っても入らないのはFWとして問題があるが、それでも東京は勝てるんです。また、彼の守備が後ろの負担を相当軽減していたのも事実。原さんは、ルーカスを下げる事で守備のリズムが狂うコトを恐れたんだと思う。それだけルーカスは効いてたと言う事。

それにしても、最近はヒロミものってるね。ゲーム前のG裏のコールに手を振って応える監督なんて見たことないよ。

|

« 車検 | Main | 俺の陽平 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/6815884

Listed below are links to weblogs that reference FC東京2-1G大阪:

« 車検 | Main | 俺の陽平 »