« 変な夢 | Main | らすた@代々木 »

November 24, 2005

新潟0-1FC東京

MXの録画見ました。

今シーズンの前半、押し込んで点が取れず、中盤で悪い形でボールを奪われ、カウンターを決められ、焦りが悪循環を生んで結局負けていたパターンを考えると、今日のポイントはあのゴールポストの守備(gj!)にあったと思う。確かに今は先制されても押し返すだけの力はついてきているとは思うのだが、それでも、CKまでは行くがシュートは枠に行かないというもどかしい展開や、あわやというカウンターシーンの連発は、前半戦連敗中の再現を危惧させるものだった。

それでも僅差で勝てたのは何故か。やはり2人のボランチの存在が大きいと思う。今日もセカンドボールの支配力がぜんぜん高くなっていた。中盤における守備に粘りが出てきて、取れなかったとしても危険な形まで持って行かせない様な対応ができていた。特に陽平のここ数試合の進歩は目覚しい。3列目があの位置でボールに絡めれば、DFは混乱しゴール前でもフリーの選手ができるのだ。ディフェンスするときも体をぶつけることをいとわなくなってきているし、プレーエリアも相当広くなっている。やっぱり、素材がいいんだから、使えば使うほど成長するんだなぁ。原さんもよく我慢したと思う。

その陽平からボールを呼び込んだササのゴールも見事だった。浮き玉を上手く上から押さえ込んで対角に蹴りこんだ切れのあるシュート。惚れ惚れする。これぞストライカー。ササはダイレクトプレーが得意みたいだね。来年は代表~W杯という目標もあるだろうから、スタメンでバンバン点を取って欲しいものだ。

もう一人のFWルーカスは欠かせない存在ではあるものの、ここのところゴールに嫌われている感じ。ササと対照的にボールを持ちながらタイミングを計るタイプだけに、スペースがないと難しいかもしれない。しかし、2人の個性を上手く使い分けられれば、もっと点が取れる予感がする。ルーとササのコンビネーションの問題でもある。得点力についての考察は、年間の振り返りのときに取り上げたいテーマなので詳しくはそのときに。

それにしても、藤山って今でも進化しているところが凄いと思うよ。

|

« 変な夢 | Main | らすた@代々木 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/7290580

Listed below are links to weblogs that reference 新潟0-1FC東京:

« 変な夢 | Main | らすた@代々木 »