« September 2005 | Main | November 2005 »

October 2005

October 31, 2005

車検

さてさてさて。

2回目の車検を通そうとディーラーに預けたところ、本日見積の連絡があり、詳細は聞きませんでしたが25万円(自賠責込み)だそうです。

ルーティンの消耗品交換に加え、今回はバッテリーとリアのブレーキパッドも交換したいと。実際、バッテリーは5年間無交換だっただけに致し方ないところだし、ブレーキパッドもそりゃ減るでしょう。なんにしても、正規ディーラーとはそれなりのお値段ということです。

この時期、結構きついっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 30, 2005

メメントモリ

じゃあ、ホランドはリュウ・ホセイとブライトの複合体か。

それにしても、今週もエグかったなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2005

出張中

pic_0101.jpg

こんな電車に乗ってます。外はまっくら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2005

2006年席割り

さてさてさて。

早くも来年度の話ですか。今回はご相談ではない、というならもっと後でも良かったんではないかな。とはいえ、価格が上がってしまう人もいるから、早めに連絡してお金用意しといてね、ってメッセージなんだろうな。

事前掲出厳禁のお達しなので詳しくは書かないが、価格軸をニュートラルにした今回の設定はある意味妙案といえる。これによって実質値上げになる人は気の毒だが、このことはスタジアム内における“見る場所の価値”が多様化してきているということであり、それは従来のスポーツ観戦のもつ価値軸が大きく変化してきていることを意味している。この現象は非常に喜ばしい事だ。ユーザーがFC東京に何を求めているのか、求める価値を自分で判断して選んで欲しいと。これによってスタンドで起きていたいくつかの揉め事もなくなるだろうね。求める価値が同じ人たちが同じところに存在するのだから。ただ、上層の考え方については、まだまだ議論の余地がありそうだな。

Continue reading "2006年席割り"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2005

GUNSMITH CATS Revised Edition

で、女賞金稼ぎといえばこれ。

IM000027アフタヌーンKCDX-2039 GUNSMITH CATS/園田健一

ガンの名手にして優れたドライビングテクニックを併せ持つ賞金稼ぎラリー・“アイリーン”・ビンセントと、元娼婦にして組織に追われている恋人のために13歳で成長を止めてしまった爆弾娘ミニー・メイ・ホプキンスのコンビが繰り広げるクライム・ガン&カー・アクション・コミック。こちらはシカゴが舞台。捕まえた犯罪者から逆恨みされたり、凄腕の運び屋「ビーン」とのカーバトルあり。特に、ラリーを我が物にしようとするイタリアンマフィア「ゴールディ」とのバトルは、見ごたえ満点。作品に詰め込まれたナレッジ(ガンとアメ車については相当なもの)の質、個性的かつどこかサイコ入ってるキャラたち、複雑に絡み合った人間関係とスピーディーなストーリー展開、そしてそれらを活かすクリエイティブワーク。ほんとに良くできてます。

そう、サイコキャラたちの心の闇こそがこの作品の深味を生み出しているんだな。スーパーウーマンのように見えるラリーやゴールディにも人生の闇がある。ミニー・メイにもある。その影が彼らの行動を決定し、アイデンティティを保つためにもがきあがくのだ。その自我のぶつかり合いこそがこの作品の本質なのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2005

ドミノ

dominoこの映画は、ロスで実在した女バウンティハンター、ドミノ・ハーベイの事実をベースとして いる。しかし、劇中でてくる“リアリティ番組”じゃないが、この映画こそ“リアリティ映画”かもしれない(そもそも、冒頭の“sort of”が曲者だ)。(ややネタバレ)

Continue reading "ドミノ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

へルタースケルター

チャールズはジンバ・ラルで、レイはハモンさんなんだな。

それにしても朝っぱらから重い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2005

東京ヴェルディ1969 1-2 FC東京

素晴らしい日でした。テレビが壊れたことなんて何でもありません。ただ、録画を見直し、あの感動を再び味わうためにはテレビがないとできないので、ゲーム終了後、新宿のさくらやヘ直行。とりあえず注文だけ入れて、明日の午前中には持ち帰って据付です。

Continue reading "東京ヴェルディ1969 1-2 FC東京"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2005

あー

テレビが壊れますた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2005

帰ってきたClie

さてさてさて。

修理に出していたクリエが戻ってきた。

B5ノートに変えたらいくらかかるか分からなかったので、とりあえず直そうとサポートに連絡したのが先週の金曜日。翌日、日通が家まで取りに来て、月曜日に修理内容の確認の電話が入る。ジョグダイヤルと液晶パネル、そしてバッテリーの3点。翌火曜日に修理、水曜日発送、本日午前に勤務先に納品、とあいなる。

オイラにとってはPDAは携帯よりも大事な電子機器で、とにかくないと不便(なんとなく不安)。対応窓口の女性は、こんなユーザー心理をよく理解してくれているようで、とにかく早くこちらに戻すことについて気にかけていたな。これだけで好感度アップです。

購入から約3年でバッテリーアウトなら、こんなものなのだろう。

保証期間外だったが、修理明細は以下の通り。

LCD(S)不良 交換1 7,000円

ロータリーエンコーダー不良 交換1 1,500円

リチウムイオンバッテリー不良 交換1 1,030円

部品代合計 9,530円

技術料 5,000円

小計 14,530円

消費税 726円

合計 15,256円

こんなもんで済めば御の字です。

それにしても、環境のことを考えればこうやって修理していった方がいいのだろうが、生産していれば新品買えるぐらいの金額じゃんか。あと3年ぐらいは持つのかなぁ。

お義理で保護シートがサービスで付いてきたが、オイラはその程度ではごまかされないぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2005

カムジャタン

さてさてさて。

今日のフットサルの練習は雨で中止。それではということで、会社の若いの連れて新宿リトルコリアへ。ほとんど久しぶりの松屋でカムジャタンをこれでもかというほど食べる。以前食べたほどの感動はなかった。骨の塊と格闘しながら、前のほうが美味かったような気さえしてきた。確かに豚の臭みが気になるのだ。記憶違いか、それとも味が変わったのかよくわからない。それでもこの店が混んでいることだけは事実。しかも安い。

雨のおかげで予定は狂ったが、たまにはこんな夜もあっていい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2005

FC東京2-2広島

久々の打ち合いになって楽しかったなぁ。前半マッタリとしたゲームで一時はどうなる事かと思ったけれど、なんだやれば出来るんじゃん。

ゲーム終わってから、明大前でいつものメンバーが集まって反省会。そこで、みんな「ガンバには勝てるような気がする」っていうんだよね。その根拠のない自信は一体どっから来るの?

Continue reading "FC東京2-2広島"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2005

七剣(セブンソード)

Sevensord_2

最初は「七人の侍」のレプリカ作品なのかと思っていたが、ちゃんと梁羽生の武侠小説「七剣下天山」という原作があった。監督自身が「七人の侍」のオマージュ作品であると明言しているだけあって、映画のあちこちにオリジナル的な雰囲気が散りばめられていた。お金を払って観る中国映画はこれが初めてだが、作品自体十分楽しめた。また、同時に非常に“もったいない”とも思った。2時間33分という尺は削る限界だったのだろうが、コンテンツが盛りだくさんでどれもこれも消化不良に終わってしまっている。全体を通してみるとすごく大雑把で、いい意味でも悪い意味でも大陸的な映画だなぁ、というのが率直な感想である。

Continue reading "七剣(セブンソード)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2005

男の居場所 

立ち飲みといえばしけたリーマンの吹き溜まりだった。それが、所謂和風スタンディングバーに様変わり。ジェンダーフリーが叫ばれて久しいが、女性が社会的に男化しているのは確かだ。働いていればストレスはたまるし、お金のないのはみな同じであれば、勢い行き着くところも同じになるということか。女性受けする一工夫が大事ってことですね。

それにしても、男だけが憩える世界って残されているのでせうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2005

さらば、PDAの日々

使っているクリエが壊れた。まず、ジョグダイヤルが機能停止。さらに昨日液晶パネルのバックライトが切れたらしく、点いてはいるのだが画面が暗いまま。データそのものに問題はなかったが、これでは外付けハードディスクと変わらない。

さて、どうしたものかと考える。

Continue reading "さらば、PDAの日々"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2005

文明病

今日はちょと仕事で出社。でも、サーバーのメンテナンスのためネットにアクセスできず(明日は館内停電でこれまただめ)。気がつくとそっから先仕事が進まない。これほどまでに依存度が高くなっていたことに愕然。でも、仕事にならないのでそそくさと会社を後にする。

その足で利田に。今日ラトビア戦だったことをやっぱり失念していて、お店で知らされる。しかも、土肥ちゃんが出ていてびっくり。録画してこなかったじゃんorz。前半は日本代表らしからぬファンタスティックなゲーム運び。土肥ちゃんもナイスセーブ。でも、後半同点に追いつかれて残念だなぁ。ニュースでディフェンスが課題とか言われて、ちょっと悔しいぞ、モニ。

まぁ、怪我しないで帰ってきてね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2005

フランツィスカーナー@小川町

今日は高校時代の友人達と飲み会。あさってドイツに旅立つ友人の活躍を祈念しドイツ料理を食べることに。ところが、肝心の転勤する本人は来ないんだと。なんだそりゃ。たしかに準備で忙しくて来る暇もないだろうがね。ということで、本場のビール(高いけど美味い)とアイスバインを堪能する。来年はオイラも行くぞー。

pic_0100.jpg アイスバインは豚の脛肉を煮込んだもの。やわらかくて美味。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2005

シン・シティ

sincity フランク・ミラー原作のコミックの実写化、と言われても何のことか良く分からない。アメコミについての知識は皆無。ただ、映画の成り立ちはまさにコミックだった。これを面白いと思えるオイラは、やっぱり漫画好きなんだなと思う。(この先ネタバレあり)

Continue reading "シン・シティ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2005

ただではすまなかった

青赤軍団は1000HP奪われた。過去最高額だってさ。自慢にもなりゃしない。ファンによってダメージを受けるってのは、やっぱり不条理だよな。自戒しないとね。
そーいやー、ナビスコでは赤いところがこんなことやって盛り上げてる。こういうことでサポの気持ちを伝えていくのはいいよな。それにしても、「去年の悔しさ忘れてないよな?」だって。うちの方は、あの栄光はとっくの昔に忘れちゃってるみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2005

GSD最終回

あー、ガンプラ売るためだけに存在した番組か。

富野氏はやだろうなぁ、これがガンダムって言われるのは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2005

大宮0-1FC東京

結果しかみてませんが、とりあえず良かったです。宮の左足で蹴れるところにボールがこぼれたことが勝因でしょうか。この際プロセスは問いません。それにしても、オイラが見に行かないと勝つんだよな。勝ち点36まで見に行くの自粛しようか知らん(苦渋)。

残留目標ラインまであと勝ち点

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »