« 適度な距離感 | Main | 合宿 »

September 09, 2005

明日の準備

さてさてさて。

ここから先は、板子一枚下は地獄。楽しいサッカーは封印して、とりあえず安心できるところまでは勝ちにこだわりたい。

問題はそのアプローチ方法。

相手は前節久々の(劇的な)勝利でモチベーションも高くなっている。しかし、降格争いの当事者である以上、またアウェーである以上ゲームには慎重に入ってくるはず。苦手とするカウンターサッカーが待っているわけ。当然、こちらも勝ちに行かなければならない。ホームである以上、今度こそ引き分けすらも許されない状況だ。ゆえに、バランスよくゲームを進め、どうやって確実に一点とって守りきるか、そのゲームプランを描かなければならない。

清水はおそらく4-2-3-1だろう(ジェジンが出場停止)。4バックに対して、前節のように4トップのような形は避けたい。ゆえにこちらも4-2-3-1を選択。両ウイングはやや中に絞り、4バックのギャップを狙っていく。そうすると、サイドのスペースも使いやすくなるはず。むこうさんは東京の右サイドを徹底的にマークしてくるはずだから、それに対するカウンタープランを持っていないとおかしい(清水もユキと兵働でサイドに基点を作ってくる。特に市川あたりの上がりは要注意)。

もし、リードして終盤を迎えた場合は、相手も出てこざるを得ないだろう。前節は3トップ気味にして、トップ下に馬鹿の一つ覚えのようにノボリを置いた。基本はここを潰すこと。さらに、安全弁としてテル当たりもしっかり前線でケアすれば、かなり抑えられるのではないだろうか。当たり前の話、ゴール前でのファウルは厳禁。

素人だってこの程度のシナリオは書ける。プロフェッショナルとして、どんなシナリオで勝つつもりなのか、想定されるシナリオに基づいたベンチワーク(先発、サブの構成)が実践されるのか、そこを見たい。

見たい。見たいのだが、明日は仕事で行けない(涙)。すみません、誰か見てきてください。

|

« 適度な距離感 | Main | 合宿 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/5861623

Listed below are links to weblogs that reference 明日の準備:

« 適度な距離感 | Main | 合宿 »