« ままならない | Main | 先遣部隊 »

July 16, 2005

宇宙戦争

天災パニック映画の亜流だな。台風の代わりに宇宙人w)。

(ちょっとネタばれ)

デイアフター・トゥモローみたいに、災害物は「災害」そのものが主人公であり、出てくる人間はどちらかというとサイドストーリー的に見えてしまうことが多い。往々にして描きこみが甘い。ところがこの映画はいわゆる災害映画と異なり、親と子の関係を見つめなおすことをメインテーマとしていて、トライポッドの襲来は状況設定ぐらいまでに抑えられている。

wwなぜか。それは、この原作が非常にポピュラーすぎるので、トライポッドが、宇宙人が、地球がどうなるか、という興味が観客側にないということを見越してつくられているからではないかと思うのだ(自分は結末知ってるしね。答えが映画の最初に出てきますから)。だからこそ、スピルバーグはダメ親父と小生意気な娘、息子の話にしたんだと思う。そしてそれは少なくともデイアフターよりは成功している。トム・クルーズのダメダメぶりは堂に入っているし、“ヒロイン”レイチェルを演じるダコタ・ファニングもすばらしい。彼女の金切り声は絶品である。ただ、アレだけひどい目にあってほんとにまともな精神のままでいられるのだろうか、そればっかり心配してしまったw)

客観的な描写が少ないのも(説明的なものが一切ない。物語は極力トム一家の視点で描かれている)、主観的(擬似体感的、生理的)な恐怖感を増幅させるための手法だろうと思う。観客に恐怖を植えつける事ができないと、トムの感情も共有できないからだ。さらに、その怖さを作り出すために、スピルバーグは結構えげつない事をいろいろとやっている(映像的にも演出的にも。“川”とか“人間のエゴ”とか“肥料撒き”とかね)。

物語上は、親子の関係に変化をもたらすための動機としての恐怖=精神的な極限状態が必要だった。そして、異星人襲来のリアリティは観客の共感を引き起こすために必要だった。「激突」「ジョーズ」で認められた彼にとって“恐怖”を扱うのはお手の物だろう。設定におぼれ、ストーリーで手一杯のSF映画が多い中で、有名すぎる題材を逆手にとって、人間ドラマに仕立てたスピルバーグの手腕は相変わらずすごいと思う。

ただ、エンディングを迎え、結局何だったんだという思いが残ったのも事実。子供なんてどうでもいいと思っていたダメ親父が、極限状態で子供を守りきった、ってだけ?見終わったときに、突然攻撃を止めてしまったトライポッドのような拍子抜け感が漂った。やっぱりこれはただのジェットコースタームービーだったんだろうか。

追記:類似品に「サイン」があったのを思い出した。アレよりは遥かに出来がいいです。やっぱり謎解きにしてしまうと、宇宙人モノはもはや辛いという事か。

|

« ままならない | Main | 先遣部隊 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/4953771

Listed below are links to weblogs that reference 宇宙戦争:

» ■〔映画鑑賞メモVol.2〕『宇宙戦争』(2005/スティーヴン・スピルバーグ) [太陽がくれた季節]
こんばんは~、 さて、7月最初のエントリーです、 いやぁ、今日は良く晴れてねぇ(^^)、ともかく暑くて蒸してしんどかったぁ~ さて今回は、初日(6/29)のレイトショーで鑑賞した『宇宙戦争』(2005/スティーヴン・スピルバーグ)の雑感などを残してみます。 震え上がるが侭(まま)に画面に目を奪われる映画体験 スピルバーグはH・G・ウェルズの原作『宇宙戦争』が孕んでいたであろう19世紀末的世界観に、現在の大惨事(テロ攻撃、人災、天災…)的なところに重なるイメージ、ヴィジュ... [Read More]

Tracked on July 16, 2005 at 08:11 AM

» 宇宙戦争 War of the Worlds [適当日記]
先日観ましたよ宇宙戦争!ん~~~。~(-゛-;)~なんてゆーか公開したタイミング [Read More]

Tracked on July 16, 2005 at 02:28 PM

» 宇宙戦争 [なにも起こらなかった一日の終わりに]
 特に観たかったというわけでもなかったのですが、せっかくバイトが休みでこれといってすることもなかったので、観てきましたYo〜!「宇宙戦争」をな!  今年の夏の話題作の一つでもある本作ですが、「スターウォーズ」とのバッティングを避けたのか平日の木曜日である本日公開です。と思ったのですが、よく考えたら世界同時公開だからか。    主演はもちろんトム・クルーズ。監督はスピルバーグです。  ... [Read More]

Tracked on July 17, 2005 at 12:34 AM

« ままならない | Main | 先遣部隊 »