« 慌ただしくなってきました | Main | 日本海側気候 »

June 17, 2005

世界と戦うために

昨日もおとといも途中で寝てしまいました。うーん、集中力がなくなってきている。ど疲れさん?でも、昨日は、とりあえず加地のナイスクロスは見ることができたので良かった。東京でやるときも、あそこまで深く入って行ってくれるとよいのだが…。

さて、寝ぼけながら見ていたので、かすかな記憶をたどってみると、2試合に共通して目に付いたのは、FIFAランクトップ10の国のプレーヤーのゲームテクニックの高さ。技術があるといっても、ゲームの中で活かされてはじめて意味があること。常にトップクラスでもまれている選手たちは、試合感が優れているから技術も活きているように思える。「うまいなぁ」(ぼそっ)ってテレビの前でつぶやく回数、圧倒的に敵の方が多いじゃん。さらに、流れの中でココというところで必ず決めてくる決定力の差。メキシコの2点とも、それぞれにツボをもってるよなって思わせるシュートだった。はまれば絶対、みたいな。それが日本選手にはないな、と感じる。
メキシコはほとんどが国内リーグのプレーヤーで、それがアレだけのパフォーマンスを示すのだから、自国リーグのクオリティを上げていければ、海外だ何だって言わなくてもいいチームはできると思う。だからJのクオリティを上げていく事はすごく大切なんだな(つまりACLはすごく大事だって事だ)。でも、今のJでは難しいのも確か。こないだのユーヴェのゲームなんかを見てもつくづくそう思える。素質のあるプレーヤーは欧州リーグでもまれた方が伸びるね。絶対。
そうなると、今回の今ちゃんの話も端から否定してかかるのはどうなんだろう。チームは今苦しいが、その事情で彼の歩みのスピードを遅らせるのは、本当にいいことなのだろうか。ジェノアぐらいならレギュラー張れると思う。だからなおさらの事、今回の話は悪くないと思うのだな(残された者たちの苦悩はさらに深まるのだが…)。

世界との差を縮めていく事は大事だと思うよ。ラグビーみたいになるのは嫌だもの。そのためにできる事は考えていきたい。ジコのやり方も、システムとかはあるけれど、結局最後は選手自身のパフォーマンスなんだということに尽きるような気がする。高いサッカーリテラシーを持ったプレーヤーが集まれば、必然的に高いステージでサッカーが展開されるはず。要求されるのは、技術に経験、センス、そして自立性。ジコジャパンにはイエスマンは不要なのだ。

|

« 慌ただしくなってきました | Main | 日本海側気候 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/4591077

Listed below are links to weblogs that reference 世界と戦うために:

« 慌ただしくなってきました | Main | 日本海側気候 »