« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

May 31, 2005

ミリオンダラー・ベイビー

million_dollar_babyオスカー映画と言うと、ちょっと大仰でお涙頂戴でみたいなイメージが付きまとって、自分にとってはなんとなくとっつきにくいカテゴリーの映画の部類に入る。意識してオスカーを見に行くのはかなり久しぶりのことだと思う(“この前”はいつのことだか思い出せないほど昔)。
そもそも、何で見に行く気になったかといえば、女性ボクサーのアメリカンドリーム的なストレートなストーリーをイメージしたからだった。たまには感動するのもいいかなって。でも、とんでもない間違いだった。いや、ある意味感動させられたと言うか、非常に考えさせられた映画だったが、まったく予想しなかった展開にちょっとびっくり。前半と後半では全然別の映画ではないかと思うほどのギャップに戸惑ってしまった。
役者も良かった。クリント・イーストウッドというと、どうしてもダーティハリーのイメージで見てしまうが、じさまになっていい味を出している。ただ、今回ご本人が主演男優賞を取れなかったのは、周りが曲者過ぎたからかもしれない。特にモーガン・フリーマン。晩年のいかりや長介を思い出してしまった。凄みがあるっていうかね、いるだけでOKみたいな。ヒラリー・スワンクも主演女優賞にふさわしい鬼気迫る演技だった。
実に、オスカーと言うラベルも伊達ではないなと思い直させてくれた一作だ。

いつもパンフレットなど購入しないので映画の詳細がわからないままのことが多い。この映画の中でも、主人公フランキーがなぜゲール語の書物を読むのか、彼がマギーに送ったガウンとバグパイプから推察すると、なんらかアイルランドと関係があるのか、彼に届いていた最後の手紙の中身はナンだったのか、とかとかとか、いろいろ気になる符牒がちりばめられていて、これらを理解すると、また物語の深みが増していくのではないかと思うのだ。知っている人がいれば教えてもらいたいな。

ネタばれの感想はこちらへ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

May 28, 2005

大分0-2FC東京

放送も何もなかったものですから、ニッカンの速報でニッコリでした。
それにしても、シュート22本とは!っていうか雨あられ?うちのビエリは打ちまくりの大活躍だったようで。
やっぱり面子さえ戻ってくれば、なんとかなるって事ですかね。リーグ戦再開が待ち遠しいです。

ナビスコ?だからいいじゃないですか。ぼちぼち行きましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日はいけそう

ぎゃー、アナザーワールド。

メンバー表見て、やっと元に戻ってきたなぁと感慨深げ。
ほんと、今日はいけそうだ。現場にいけないのは残念だが、こちらから念波を送っているよ。
ガンガレみんな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

代表サッカーはつまんなくたっていい

さてさてさて。

昨日やってたらしいね。CLの方に完全に頭が行っちゃってたからね。で、また0だったらしいね。点取れなきゃ勝てないよね。
代表のサッカーは勝つことが最も重要な事で、プロセスはどうでもいいんですよ(ブラジルやアルゼンチンではそうは行かないが)。特に、今のチームにはまったく魅力を感じていないから結果だけ知ればいいと思っている。その意味で、スタジアムに行っている人たちは、サッカーを見に行っているよりも、代表を応援しに行っているのでしょう。そのスタンスは正しい。もし、サッカーを見に行っているなら馬鹿な事はおやめなさいといいたい。
それにしても、ジーコの悪運はこれまでなのか、それとも本番に向けて充填している最中なのか。まぁ、バーレーンに負けてもプレーオフの道が残されているわけだし、その方が楽しめていいかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2005

お馬鹿の素

調子に乗って買ってしまいました。
見る時間もないくせにDVDは溜まる一方なのにねぇ。
pic_0066.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2005

ここにもお馬鹿が

タタキツクルコト:@nifty
うーん、読んでみたいような見たくないような。
実物はどんな仕組みになっているのかは分からんが、一人でよくもまぁ、何のためにつくるんだろうか。ランドウォーカーは一応ビジネスを想定していたけど、これはバンダイにでも貸し出すのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんなところにもお馬鹿が

お馬鹿は国際的傾向なんですかねぇ。それにしても、蛍光灯にガソリン入れて火をつければどうなるかぐらい分かりそうなもんだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2005

リーグ戦再開に向けて

さてさてさて。

21日はそういうわけで味スタには行かなかったのですが、いろいろなブログなどを見て回ると、あまり進歩してないようですな。
リーグ戦が中断し一段落して自分なりに出した結論は、原さんの志向するサッカーに選手のクオリティがついていっていない、という事です。先手先手でこちらから仕掛けて崩す攻撃サッカー、マウントポジションを取ってボコボコにするサッカーがやりたいんだと思うのだが、今の面子ではやっぱり無理なんですよ。レギュラークラスが完全の状態で始めて機能するようなシステムでは駄目なんです。その意味で、この戦力でこの戦い方を導き出した原さんには負うべき責めがあってしかるべきだと思う。
一方で、いいところまで行って決まらないのは選手自身の技術の問題だし、どう崩すかはピッチ上の選手たちが自分で考えなければならないわけで、何度も同じような事を繰り返している(伸び悩んでいる)選手たちにも問題がある。さらに、言われている決定力不足について、阿部を放出し、フィニッシャーの補強を怠ったフロントにも当然問題がある。
つまり、なんかナビスコに勝ってみんな強くなったように勘違いしてしまったのが、そもそもの始まりだったのではないだろうか、という気がするのです。

で、どうすれば勝てるのか。簡単に言えばどうすればもっと点が入るようになるのか。つまり、決定力を今より上げるにはどうしたらいいのか、という日本代表級の命題にぶち当たる。東京レベルじゃ余計に荷の重い話だが、一応考えてみる。

安易な方向性① ワシントン級のフィニッシャーを召集する。
お金の問題とチームにフィットするかの2点がポイント。うちはサイドからの攻めが中心だから、長身の頭が強いFW、ということになろうか。これは完全にフロントの問題。ただ、2トップ外人頼みのサッカーにはちょっと抵抗がある。大分や旧名古屋の決定力は魅力的だが、国産が活躍しないのもなんか寂しい。

現実的な方向性② CKのバリエーションを徹底的に増やす。
CKは適度に取れているけれど、CKから全然点が取れない。とにかく練習はこの一点に絞ってやってみる。宮沢のキック精度を活かしきっていない。「流れの中からの得点」は理想だが、背に腹は代えられない。一番即効性のある方法ではないか。

根治のための方向性③ 馬鹿でもゴールにボールを押し込めるような状況をゲームの中でつくる。
これができていればこんな事にはなっていない。だから、もう一度なぜこのような状況が作れないかを真剣に考えるべき。特に、先日の千葉戦では引いても駄目だったわけで、だとすれば、やっぱりポゼッションを高めてどうフィニッシュするかを考えるしかないでしょう。

まぁ、怪我人も徐々に戻ってくるし、レギュラーのアビリティは上がるだろうから、今よりひどくなる事はないと思う。サポーターも含めて、みんながそれぞれでできる事をやるしかないでしょ。

ナビスコがまだあるだろ? まぁいいじゃないですか。ぼちぼち行きましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2005

オープン大会

さてさてさて。

ホームエリアで開催されたオープン大会に出場してきました。
初日タスクを順調にこなしていたんですが、最後の最後でスタック。田んぼ沈で電子計器類が水に浸かっておじゃん。トラックログも取れず、2日目はエントリーすらできずに終わってしまいました (^_^;)。日ごろの自分のポリシーを表現できた点では良かったなと思う一方、技術や知識の未熟さを改めて知らされることにもなり、感慨深い一日になりました。
公式な大会はこれが初めての参加でしたが、パラグライダーと言うスポーツ、競技についての面白さを再確認できてよかったですよ。大会自体は、ナショナルリーグの選手を抑えて、地元の選手が4位までを独占。その実力を大いにアピールしました。
大会2日間を通じていい天候に恵まれ2日とも成立したわけですが、土曜日は実はこの数年の中でも最高のコンディションでした。本当は大会なんかやってる場合じゃなかったのです。2000m上げて南へ北へ突っ込めば結構いい記録が出たのではないかと思うと、ちょっと口惜しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2005

人間ドック

さてさてさて。
本日人間ドックであります。10時から何も口にしていません。
家に着いたのが10時過ぎてしまっていたので、最後の水分補給ができなかった。これは結構辛い。まぁ、飲んでしまえばいいんですがね。でも、一応正確を期するということで我慢します。
ちなみに最後の食事は、久しぶりに桂花(末広)のターロー(固め)でした。このラーメンの塩分と脂質、糖質が明日の検査にどのような影響を与えるのか、神のみぞ知るであります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダストデビル

ミニ竜巻が走っていく。ここ火星にも大気の対流が存在している。いや、実はこれが火星生物だったりして。なこたないが。なんかワクワクするんだよな。
もうすぐ宇宙戦争が公開になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2005

プライベートラジオ

で、本日iPodを車と繋ぎました。トランスミッターでFM波を飛ばすタイプです。
これで、CDを何枚も持ち込むこともないし、いちいち入れ替えることもありません。
いわば自分のお気に入りしか流れないFM局とでも言いましょうか。
THE STONE ROSESの“FOZ”のあとにSTEVE WINWOODの“Why Can't We Live Together”が流れる局なんて聞いたこともないもんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2005

いまさらながら

さてさてさて。

先週末、てっきり縁がないものと思っていたiPodを購入しました。
天気もいいのにシコシコと死蔵?のCDを飲み込ませたのですが、これが意外にいい。ランダムでかけると、これまでの人生が走馬灯のように巡るような感じがして(大げさですな)。人に音の歴史あり、です。
購入のきっかけはカーステレオが壊れた事なんですが、日常も持ち歩いて聴いてます。あれほどイライラさせられて決別したマッキントッシュ製品とこんな風に再会するのは、ちょっと嬉しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2005

千葉2-1FC東京

さてさてさて。

何度も何度も同じビデオを見させられているような気がして、いい加減飽きてきた。

前半20分まで押しながら得点できず、カウンターで失点するといよいよ前掛かりになって、再びカウンター。じゃあ、アウェーなんだから20分おとなしくしていたらどうなんだ。中盤高い位置で奪って手数をかけずにゴール前まで、を実践していたのはまさしく千葉の方だった。
相手チームは意図的に引いてきているとみていい。東京が攻めあぐねたところを狙っている。本来、攻撃サッカーはポゼッションサッカーであり、常に相手DFの裏を狙い、相手の嫌がることを仕掛けていくことが攻めのキーポイントになるのに、今の東京は持たされているだけで、相手の想定内の攻めしかできていない。
スペースがないところを崩すには、何人かの動きが連動して、スペースを作るサッカーをしなければならないのにボールウォッチャーになってしまって、手詰まりになってしまう。サポートがない、あるいはサポートの角度が悪い。どうやって相手を崩すか、練習は練習でしかなく、そのときそのときの相手の出方によって瞬時に弱点を読み取り、そこをこじ開けることをチームの共通理解にしていかなければできるはずもない。
つまらないところでパスミスしたりするのも、選手同士のコミュニケーションが十分じゃないことの証左。チームはいま本当にバラバラなんじゃないか?それをまとめて一つのベクトルに持っていくのが監督の仕事じゃないのか?けが人が多いとはいえ、ここまで同じことを繰り返されると、さすがに学習能力がないのではないかと疑いたくもなる。

それにしても、臨海は寒かった。ナンカレーも食べられなかったし。心がカサカサいっている。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 14, 2005

おめでた続き

さてさてさて。

パラ仲間の夫婦に第一子が生まれました。男の子だそうで、めでたい。
一方で、高校の同級というか同じクラスのやつがこの年にして社長になりました。これまた、めでたい。
来週パラ仲間の結婚式もあるし、続くときは続くものです。

オイラは相変わらずです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2005

臨海初見参

いよいよ犬の本拠地に乗り込むことになりました。
ここんところ引き分け続きなので、ゲームの結果は度外視です。
たぶん今回はベンチしか見てないかもしれません(爆)。
それと、ナンカレー喰いてー。

って、いったい何しに行くんだ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2005

芋蔵

100_USER-0037_PIC100_USER-0036_PIC名古屋栄にある軍鶏と黒豚の居酒屋。焼酎は芋を中心に豊富な品揃え。有名銘柄をはじめ100種類以上が所狭しと並んでいる。なかなか壮観。本日(9日)のお勧めはさつまおごじょの前割でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2005

うちは温いのか…

同じ勝ち点11でもチームが違えばこんなことにもなっている。かつてJ1だったチームがJ2でこんな状況だと、やはりもう待てない気持ちがサポの間にたまってしまうものなのだろう。
東京はたまたま(あえこういう言い方をするが)ナビスコに勝って、それなりにチームの強さを感じる事はできたが、チーム力自体は決して高い位置で安定した訳ではない。だから、今年のスタートダッシュは嬉しかった事は確かだが、だからといってリーグ優勝できるなんて微塵も思っていなかったし、けが人が出てサブとの選手のレベル差の大きさに愕然としたものだ。待ったなしで勝たなければならない状況になる前に、チーム力の底上げをしておかなければならない。それがフロント、スタッフの最大の仕事だろう。東京のサポーターだっていつ暴発するか分からない。そうさせないのは、すべてクラブの考えと行動にかかっているということだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2005

FC東京3-3大宮

さてさてさて。
勝ちを逃したと言うべきか、負けが止まったと言うべきか。とり方は人それぞれでしょうが、オイラは気持ち前者かな。「シュートで終わる」が最後まで実践されなかったのが残念。

勝ち方を忘れてしまった感じがした。最後の時間の使い方も、前線と最終ラインがまったく切り離された状態で、殴り合いに近かった。攻撃は最大の防御とはよく言ったもので、相手陣でゲームを進めていれば失点の可能性は低くなるし、攻撃がシュートで終われば、ディフェンスを整えて相手の攻撃を迎え撃つことができる。中途半端にサポートもない状態で攻めて、サイドで時間を使ってもボールが活きていれば立派にカウンターになる。
鹿島のような時間の使い方に長けたチームならいざ知らず、勝ちから遠ざかっているときに、勝てると思って姑息な手段に出ればチーム全体が萎縮してしまう。この結果は、結果を追い求めたがための結果なんでしょう。結果は付いてくるものなのにネ。

ナオの右アウトにかけた同点シュートも、ユウスケのビエリ(笑)張りのシュートもお見事でした(何でこんな難しいシュートを決めて、もっと簡単なのが駄目なのか…)。一方、失点はやってはいけないことのオンパレード(J2サッカーならこれでしか点が取れないだろうというプレー=PK、セットプレー、カウンター)。特にセットプレーでのマーキングや集中はまだ戻ってきてない。
とはいえ、いろいろ細かいことはあるけれど、選手は良くやった思う。勝とうという気迫はスタンドにも十分伝わっていた。栗澤の運動量は異常だった。ユウスケも良く走ったし、彼や石川のフォアチェックはかなり効いていた。今日だけで終わることなく、これからも走り続けてくれ。

しかし、これだけの運動量を要求する東京のサッカーって相当過酷。もっとゲームの中でのメリハリをつけないと、選手が持たない。やっと1/3が終わったところ。夏に向けて、けが人も含めコンディショニングを大事にしていって欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2005

4-4-2対策

大宮のフラットな4-4-2に対してどうすべきか。原さんもじっくり考えてくれている事でしょう。昨年の天皇杯はあまり参考にはならないでしょうが、やはりコテンコテンニやり倒して欲しい。守りから入るチームゆえに、いつもの課題がしょっぱなから突きつけられるわけです。シュートで終わるを合言葉にガンガン行きましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2005

練習日和

さてさてさて。

昨日のストレスと言うかいやなことを忘れるために早起きして飛びにいきました。
コンディションは3日から今日までまずまずで、3日間の中では一番落ち着いた空中だったようです(それでも荒れ気味でしたが…)。
今日もパイロンのタスクを設定して出たのですが、テイクオフして5分も立たずしてGPSのバッテリーがアウト!。バリオ兼用の機材のため、どこが上昇帯かもわからないまま1時間以上動き回ってました。それでもとりあえずタスクの2/3ぐらいはクリアできたと思うのだが。エリアのオープン大会は出ざるを得ないようです。

渋滞も思ったほどひどくなく、今日は楽しかったなぁ(現実逃避モード)。

8日なるのが怖い…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2005

FC東京0-2鹿島

今の東京は結果だけを求めているように見える。
楽しさがない。ちっともセクシーじゃない。ゴールしか見ていないから、周りが見えなくなっている。見方も敵も。
次第に焦りから、自分が決めなければと言う思いだけが強くなって、チームスポーツの本質をいつの間にか見失ってしまう。東京には、独りでゲームを決めてしまうほどのタレントはいない。みんなの気持ち、意思、イメージがつながって初めて勝つことができるのではないだろうか。
思い出せ、楽しいサッカーを。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

後悔先に立たず

十分立ってます(何が?)。
1,700Mゲインだってさ。オギーと一緒にレースもできたんだって。なんてこった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2005

飲み過ぎで動けず

昨日、利田商店でちょっと飲み過ぎたために飛びに行けず。
週末の天気を考えると今日明日しかなかったのだが、どうにも体が動かなかった。
しかし、高速道路は渋滞らしいし、家でゆっくりいろいろ片付けしていた方がいいかも、とポジに考えてみる。
いやー、駄目だぁ。今日は絶対いいコンディションだ。しくったなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2005

大分2-1F C東京

何も好きで負け試合を見に行ったわけじゃないです。勝てなかったのは結果であって、今日もチャンスに決めることができなかっただけのことです。あれだけ鶏喰っても、土肥ちゃんのユニが黒でも、負けるんです。それにしても、加地が戻ってきたと思ったら、今度はルーコンとノリオです。ほんなこつ、もうやってられんとです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビッグアイ

100NIKON-DSCN0082_DSCN0082100NIKON-DSCN0083_DSCN0083100NIKON-DSCN0085_DSCN0085あいにくの雨も、今日は屋根が閉まっていて快適な観戦ができます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »