« 4-4-2対策 | Main | うちは温いのか… »

May 08, 2005

FC東京3-3大宮

さてさてさて。
勝ちを逃したと言うべきか、負けが止まったと言うべきか。とり方は人それぞれでしょうが、オイラは気持ち前者かな。「シュートで終わる」が最後まで実践されなかったのが残念。

勝ち方を忘れてしまった感じがした。最後の時間の使い方も、前線と最終ラインがまったく切り離された状態で、殴り合いに近かった。攻撃は最大の防御とはよく言ったもので、相手陣でゲームを進めていれば失点の可能性は低くなるし、攻撃がシュートで終われば、ディフェンスを整えて相手の攻撃を迎え撃つことができる。中途半端にサポートもない状態で攻めて、サイドで時間を使ってもボールが活きていれば立派にカウンターになる。
鹿島のような時間の使い方に長けたチームならいざ知らず、勝ちから遠ざかっているときに、勝てると思って姑息な手段に出ればチーム全体が萎縮してしまう。この結果は、結果を追い求めたがための結果なんでしょう。結果は付いてくるものなのにネ。

ナオの右アウトにかけた同点シュートも、ユウスケのビエリ(笑)張りのシュートもお見事でした(何でこんな難しいシュートを決めて、もっと簡単なのが駄目なのか…)。一方、失点はやってはいけないことのオンパレード(J2サッカーならこれでしか点が取れないだろうというプレー=PK、セットプレー、カウンター)。特にセットプレーでのマーキングや集中はまだ戻ってきてない。
とはいえ、いろいろ細かいことはあるけれど、選手は良くやった思う。勝とうという気迫はスタンドにも十分伝わっていた。栗澤の運動量は異常だった。ユウスケも良く走ったし、彼や石川のフォアチェックはかなり効いていた。今日だけで終わることなく、これからも走り続けてくれ。

しかし、これだけの運動量を要求する東京のサッカーって相当過酷。もっとゲームの中でのメリハリをつけないと、選手が持たない。やっと1/3が終わったところ。夏に向けて、けが人も含めコンディショニングを大事にしていって欲しい。

|

« 4-4-2対策 | Main | うちは温いのか… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/4046031

Listed below are links to weblogs that reference FC東京3-3大宮:

« 4-4-2対策 | Main | うちは温いのか… »