« やっぱり猫が好き | Main | 空中散歩 »

April 07, 2005

ペーニャ

専務インタビューでやっと真意らしきものが見えた。.
公認するつもりはないといいながら登録してとか、ちょっと矛盾しているようにも思えるが、なんにしても今のままではサポーターが自然発生的に動き出す事もないわけで、点火材的な意味でクラブがこのような制度をはじめる事はいいことだと思う。しかし、スペインの形をそのまま持ってきたところで、長い歴史を持つ欧州のような形になるかと言えば、それも一概には難しく、日本特有、というか東京固有のサポーター文化ができればそれでいいのではないだろうか。

“ペーニャ”はクラブ対個人という関係ではなく、東京というクラブ、チームを中心としたコミュニティの形成を狙っている。口コミなどによるファン層の拡大が見込めるとともに、チームの強弱以外のところでのロイヤリティが形成されるので、クラブ経営的にも効果が見込まれるかも? 心配なのは各コミュニティがギルド化したりとか、排他的な方向に動かないかということ。他チームのサポでよく見受けられる現象だけに、軋轢を生むような団体に変質しなければいいと思う。

村林専務の「サポーターに考えていただく」という姿勢には共感できる。本来サポートは応援している人それぞれができる事でやればいいと思うから。ただ、たまに独善的だったり妄信的だったりして逆にクラブや他のサポに迷惑をかけるケースも出てきてる。基本的なところだけはもっと啓蒙していく必要があるのではなかろうか。そんなところにもペーニャの効用を期待しているのかもしれないけどね。

どうもご近所に一軒あるんだな、ペーニャが。機会があたら顔を出してみるつもり。

|

« やっぱり猫が好き | Main | 空中散歩 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/3599608

Listed below are links to weblogs that reference ペーニャ:

« やっぱり猫が好き | Main | 空中散歩 »