« BECK | Main | 梶山待望論 »

March 21, 2005

KEITH

IM000023こっちは楽曲を提供したアーチスト達が自ら演奏しているバージョン。これを聞くと、テレビの方は、かなり柔らかくしてあることがわかる。アレンジはオリジナルの方がやっぱりかっこいい。
で、よくよく聞いてみると、80年代から90年代にかけてのアメリカンロックの要素が詰まっていることに気づく。聞き慣れたガンズやボンジョビ(4曲目のPEACE OF TEARS/GOOFY'S HOLIDAYなんかモロボンジョビっぽい)、ニルバーナを筆頭とするオルタナティブ系をベースとしているので、道理で気に入るはずだ。日本人がこんなセンスで曲を作って演奏れるようになったことにちょっと驚くとともに、一方で真似じゃなくてもっとオリジナルなものを追求して欲しいと言う想いも湧き上がってきた。
にしてもTYPHOON24はカッコいいね。

KEITH /DefSTAR RECORDS DFCL1178

|

« BECK | Main | 梶山待望論 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/3373791

Listed below are links to weblogs that reference KEITH:

« BECK | Main | 梶山待望論 »