« February 2005 | Main | April 2005 »

March 2005

March 31, 2005

BECK最終回

あっさり終わってしまいました。
仕方ないっすね。原作が進行中ではこのような終わり方でも。
基本2クール完結なので、モノによってはまったく違うストーリーになる事もよくある事だし、最終回見なかったけれど「ジパング(TBS)」も同じように中途半端だったんじゃないでしょうか。
この間終わった「グレネーダー」なんかは、原作を上手くずらしていたから、あれはあれでありかなとも思うが。
いずれにしろ、深夜系は月刊ものが多いので、完全に終わったものを扱わない限り、ぜーんぶ中途半端になっちゃうんだよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本1-0バーレーン

さてさてさて。
ジーコの悪運もまだまだ続いているようです。
折り返しで勝ち点6はまずまずでしょう。それにしても(笑)。
ホント笑うしかないですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 30, 2005

桜はまだかいな

さてさてさて。
年度末はバタバタで、なんとなく時が過ぎていってしまいます。
ところで、会社の前の桜も一向に咲く気配がありません。
週末は花見の予定があるんですが、大丈夫なんですかねぇ。
寒空の下、ただの宴会ではしゃれにならん。
それにしても花粉は辛い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2005

ナビスコ杯vs大分

さてさてさて。
急遽仕事が入って味スタまで行く事ができませんでした。しかし、心境は複雑ですね。良かったんだか悪かったんだか…
スタッツだけ見たのですが、ゲーム内容が目に浮かぶようです(帰って録画を見るのがうっとうしいなぁ)。
宮沢がシュートを多く打つ日は難しいゲームと言う事です。19本打って9本も枠行って、それでも入らないのは工夫が足りないんですよ。進歩してないよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2005

どこで放映してるの?

味スタの広告90秒がアジアパシフィック広告フェスティバルで金賞をもらったらしい。たぶん劇場用CFなんでしょうなぁ。
声がかれるまで応援する東京サポーター女子。たしかにうちのG裏は男声だけど、あれだけかわいい子がわんさかいるとは初耳だぁ(爆)。でも現実スタジアムに来ているかわいい子は気性も男っぽい人意外に多いよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

万博開幕

EXPO 2005 AICHI,JAPANが今日開幕した。
うちの会社もちょっとお手伝いしている。
環境博覧会だなんだと騒いでいたけれど、環境をベースとすることは当たり前という社会風潮に、それ以上の付加価値を乗せていかないとお客さんは来ない。で、その答えのひとつが「ロボット」と言うわけだ。
是非見に行こうと思っているが、ロボットの最先端はそうとうすごい事になっているらしい。まさに、子供のころ見た鉄腕アトムの世界が近づいてきているようだ。「アイ・ロボット」のような映画も実にこれからの世界を予言している。50年後には一体どうなっているんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2005

トーキョー ワッショイ!担がれる神輿のつらさ

チームは神輿だ。ワッショイワッショイ、我々が担いでこそ輝く。担ごうと思ったきっかけは人それぞれだし、何のために担いでいるかもそれぞれ。でも、みんな魅力を感じてひとつの神輿を担いでいる。東京との楽しい思い出、つらい思い出なら、それほど付き合いも長くない(とはいえ、かれこれ5年になるけれど)自分にだっていくつかある。ナビスコ決勝のG裏で大泣きしたこともある。観戦仲間たちのエピソードの方がよっぽど面白かったりもする。
なぜ、今のタイミングにこのような東京のサポーター本を出すのか、その意味みたいなものをもっと考えるべきなのではないかと思うのだ(話が堅くなってきたなぁ)。せっかく、サポとファンを区別すると言うぐらいの見識を持ってるんだから、内容的に、未成熟なサッカー観戦文化の今と未来について、もっと掘り下げるなり示唆的な提言をすべきではなかったか。(東京の魅力を解読する?にはちょっと舌足らずな感じもするし、サポーターである事の嬉しさ辛さもいまひとつ伝わってこなかったのは残念。)
こんなことを言うのも、“東京ファン”の不祥事が相次いで起きている今、サポーターとは何なのかを考えるにはいい機会だと思うからだ。ファンの大半は、彼ら(不祥事を起こした犯人)の行為に批判的で(そもそも犯罪だから仕方ないが)、他の東京ファンもそのようなレッテルを貼られるのでやめてくれと言うのが基本的な論調になっている。統制された集団なら何とでもなるが、直接的にはまったく関係のない人間の行動が自分の身に降りかかってくる不条理。さすがにこれは頭にくる。しかし、止めようがないのも事実。
では、いったいまともなファンはどうすればいいのか。「俺は違う」ととりあえず言ってみる。でもそう叫んでみたところで、世間は聴く耳を持たない。「俺は違う」のではなく、「いろいろいる」事を知ってもらうことのほうが大事なのだ。そして、彼らはなぜそのような行動を取るのか、そこを明らかにしていかなければ、いつまでたっても理解は得られない。
もともとやんちゃしたい気持ちはどんな子供にもくすぶっている。それが現実の行動に移されるには何らかのきっかけが必要で、そのトリガーが東京というフットボールチームになってしまっていることは悲しい事だ。で、くどいようだけれど、最近の事件を起こしているのはみんな“お子様”なのだ(年齢はどうだか知らないが)。だから、しつけが必要だし、どこかで成長するための猶予も必要だ。悪いことは悪いと教えてやらにゃいかん。で、誰が教えるか。みんなで教えるんだ。機会があるたびに、現場でもネットでも、どこでも誰でもできる。東京と言うチームを愛してさえいればね。その個々人の行動がチームを助けることにもなる。
この本の中にも、ヒントになるような良い事はいくつも書いてある。サポーターとしてのマナーと言うか規範と言うか、あるいは東京のサポーターの特質とか、どうあるべきか自分たちで考えるヒントがね。すべては、“自分にとって東京というチームは一体何なのか”を考えるところから始まるといっていい。だから「俺の東京」なんだと思う。

IM000024トーキョー ワッショイ! ~FC東京 99-04 REPLAY~/
著者 後藤 勝(ごとう・まさる)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2005

マシニスト

machinistさてさてさて。
マシニストを観てきました。
宣伝文句の1年間寝ていない男というのは、あまり意味がなかったような気がします。実はオイラはこの映画のエンディングを額面どおりに捉えていません。物語の意味性についても異なる解釈をしています。また、ストーリーや謎解きよりも、全編通じて流れる映画そのもののトーンに魅せられました。特に、色調と光の使い方がすごく良かった。クリスチャン・ベイルも役作りのために30kgも減量するとは、大したバカです。次回作のバットマンは期待していいのではないでしょうか。

| | Comments (1) | TrackBack (3)

March 21, 2005

梶山待望論

日立台まで行ってきました。一昨年のペナルティのようなゲームでした。そのことについては何の言い訳もありません(断っておきますが、当日現場に居りましたが、ピッチには降りていません)。柏のモチベーションは高かったし、寄せも早かった。いいサッカーしてるじゃないですか。対して東京といえば、栗澤と宮沢の調子が今ひとつ。どうも、中盤の支配力の差が、そのままスコアに現れたという感じです。反攻するにも相変わらずリズムが変わらない。ダニーロでも難しい。やはりココは陽平が帰ってくるのを待つしかなさそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

KEITH

IM000023こっちは楽曲を提供したアーチスト達が自ら演奏しているバージョン。これを聞くと、テレビの方は、かなり柔らかくしてあることがわかる。アレンジはオリジナルの方がやっぱりかっこいい。
で、よくよく聞いてみると、80年代から90年代にかけてのアメリカンロックの要素が詰まっていることに気づく。聞き慣れたガンズやボンジョビ(4曲目のPEACE OF TEARS/GOOFY'S HOLIDAYなんかモロボンジョビっぽい)、ニルバーナを筆頭とするオルタナティブ系をベースとしているので、道理で気に入るはずだ。日本人がこんなセンスで曲を作って演奏れるようになったことにちょっと驚くとともに、一方で真似じゃなくてもっとオリジナルなものを追求して欲しいと言う想いも湧き上がってきた。
にしてもTYPHOON24はカッコいいね。

KEITH /DefSTAR RECORDS DFCL1178

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2005

BECK

IM0000223/9発売でちょっと間が開いたらどこのショップに行っても売れ切れていて、かなり駆けずり回って手に入れました。この売れ方を見ると、それなりに今の日本のアンダーグラウンドの一側面をうまくつかんでいる一枚なのかな、と思います。さすがにHMVを一日かけてお気に入りを捜すだけの時間も気力も体力もないので、これはありがたいです。
原作は「ゴリラーマン」で知られる?ハロルド作石氏。いわゆる音楽モノは実際音が出たときのイメージを読者の期待値レベルに合わせるのが結構難しい。オイラはアニメから入ったので違和感なかったですが、元からのファンはどうだったのかな。正直ラウドやラップ(今の音楽カテゴリー区分)はよくわかりませんが、かなり気に入ってます。特にダイブリ・フィーチャリング・コユキの「MOON ON THE WATER」は必聴です。

BECK/DefSTAR RECORDS DFCL 1179

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 18, 2005

宇宙人化

さてさてさて。
こんなことがビジネスになる時代。日本人は、いつかは昔のSFに出てきたような、頭でっかちで四肢が貧弱な生物になってしまうのでしょうか。それにしても、歩き方や飛び跳ね方を人に習わなければならないなんて、オイラの感覚では想像もつかないですよ。でもこれはすなわち、常識化している当たり前の話でも、裏返してみれば、今の世の中どっかにニーズがあるってコトでもあります。何事も決め付けないで考えるのは、簡単なようでなかなか難しい。この辺がマーケティングセンスってやつなんでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2005

犬飼浦和レッズ社長を県教育委員起用へ

埼玉県人レッズ化計画発動。低迷レッズを引き上げたリーダーシップを教職に学ばせるって、そんなに埼玉の先生ってダメダメなのか?
それにしても、憲法9条騒ぎといい、最近レッズ周りは政治的なきな臭い匂いがしているぞ。チームも調子今ひとつだしな。裏に何かあるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2005

第2節

さてさてさて。
第2節もなんかおかしなことになっています。フロンタに3点取られてロスタイムで追いつくレッズ。グラ8にチンチンにやり込められる手ビロ磐田。J2ストライカーのハットで命拾いのノビタ・マリノス。アウェーで勝ち点2を落としてきたガンバ。昨年の上位陣が軒並み調子悪。うちも鬼門は抜けたとはいえ、圧倒的な強さはない。6月ぐらいまでは混戦で行きそうな気配。
ところで、今週末はナビスコ開幕。前回覇者としてふさわしい戦いを見せて欲しいものです。しかも、緒戦はやっとお許しの出た日立台での金町ダービー。上野から電車で1時間、です。遠足やらないのかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2005

ローレライ

潜水艦ものとしては緊迫感が足りない。あの独特の閉塞感が迫ってこない。
「あずみ2」よりこちらを選んだのも「潜水艦」だからなのに、肝心の潜水艦が主役ではないのだからお話にならない。
UボートやK-19のようなしびれる感覚がまったくないのだ。正直期待はずれ。
つまり、テーマは違うところにある。しかし、それについては別に何の感想もない。この主題を扱うのであれば、別にSFチックな設定はなくても出来るはず。それを「第3の原爆」や「ナチスの超能力開発」みたいな、さもありなんなアイディアで興味を引こうとするところがいかにも軽いなぁと思う。ストーリー自体も予定調和的過ぎるし。あの能力、別に空の設定でもできるはずだし、潜水艦である必然性がない。
それにしても、エンディングロールでいろいろ見慣れた名前がそこらじゅうに出てきたのが、すごーく気になった。
押井守にB29のマーク、デザインさせたのか?フジテレビは。あほか。何考えてるんだ。なんでそんな無駄遣いするのかね。金かけるべきところは他にいろいろあるんでないかい。ギバちゃんの演技がうわっすべりしていたのがこの映画のすべてを表しているかのようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2005

いまだ首位

さてさてさて。
鬼門の第2節をなんとかドローで切り抜け、他チームがこけてくれたこともあってまだ首位です。
開幕と同じスタメンでしたが、さすがに右サイドは自由にさせてもらえなかったですな。
原さんも最後はサリーを投入して4-2-3-1にシフトダウンし、確実に1ポイントを狙ったところを見ると、結構本気で優勝する気なんだなと思いました。
このゲーム、全体的に支配していたとはいえどちらに転んでもおかしくはなかった。
決めるべき人が決めるときに決めないと。
まだまだってことです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nikon coolpix5900

PIC_0061今使っているデジカメの具合が悪くなってしまったので買い換えました。カメラのことはあまりわからないのですが、自分的によさげです。
さくらやで買ったんですが、店員のおねーちゃん、TVCMの通りかなり詳しくて、業界事情通?最初はキャノンの友人S氏の顔を立ててIXYにしようかとも思ったのですが、おねーちゃんがぼろくそ言うものでやめてしまいました。S氏は自虐的にうちの商品はやめた方がいいとしきりに言っていたのですが、謙遜じゃなかったのね(TT)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2005

今日は尾瀬岩鞍

100_USER-0042_PIC朝から雪でしたが、日差しが出たり吹雪いたり。
それにしても空いてます。人事ながら心配してしまいます。
みんなでどうすればお客が増えるか話し合ってます。

ボードから入った若いやつは、今はスキーのほうがイケているんじゃないかって。
また、スキーブームがくるんですかねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2005

錦の夜

名古屋錦の夜の名物、鴨らーめん。確か東京(赤坂?銀座?)にも進出してたと思う。あっさりしょうゆ味の極細麺。
お店にはアフターのお水関係者が一杯。
(前後してますが8日の深夜未明です。)
pic_0000.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昨日から出張

今日はなぜかトヨタSCにいます。仕事で来ているんですが、お昼休みにグラウンドでグラ8が練習していました。平日でもギャルサポ一杯。
pic_0000.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2005

第1節雑感

さてさてさて。
一心地ついたので第1節の感想を。
・浦和はまんまと師匠の業に乗せられてしまった。もともと熱くて単純な人たちだから尚更か。他山の石だな。
・福西が故意か否かはわからないが、岡田さんのハンド見逃しもこの先気分が重くなる出来事。中盤の構成を否定するサッカーを人間力が指示したのなら、今年の磐田はつまらないだろうなぁ。
・オシムはやはり凄い。欧州から的確な補強をして開幕まで間に合わせた手腕は流石と言う他ない。対する金満チームはいつまでたっても変わらない。今年も駄目でしょう。
・神戸は見た目ローマみたいだ、カッコいいぞ。ビアンコネロよりいいかも。カズの「爪のあか」を楽天で限定発売したらどうだろう(オーナーもお奨め!(笑))。
・阿部ちゃんは心配だなぁ。先発とはいえ、左ウイングハーフは本望じゃないだろう。うちにいたほうがまだ良かったと思うのだが…。
・フロンタはきつそうだ。柏も同様。大宮もJ2サッカーではもたない。ガンバはなめていたとしか思えない。というか西野が無策なだけか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2005

幸せな週末

昨日の余韻がまだ残ってます。
また1年が始まったなぁ、って感じですね。
とりあえず首位ってことで(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2005

特一番@府中 

pic_0000わがラーメン人生の原点。塩スペシャル550円。
ガーリック風味の旭川ラーメンで、トッピングのレモンがポイント。
創業43年の多摩の老舗です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2005

KDDI DESIGNING STUDIO

本日雪降る中、原宿竹下口(明治通り沿い)にKDDIのコンセプトショップがオープンしました。うちの会社が全面的にかかわった施設でござんす(オイラ自身はノータッチ)。見に行ってみてチョ。

KDDI DESIGNING STUDIO

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あと1日

さてさてさて。
新潟攻めて東京守ってドロー/宮沢予想 - 外からはこう見えるらしい。
確かに前線の補強はないに等しい。その点での不安感は我々も同じ。とにかく、各選手個々の技術の底上げ次第というのがちょっと心もとない。しかし、うちが守り一方、なんて論評はまったくお門違いにもほどがある!アルビこそリアクションサッカーじゃないか。うちはポゼッション高めているんだけど、それがなかなかゴールまでたどり着けない、というところで悩んでいるんであって、昨年からの補強の差だけでモノを言わんで欲しい。ミシェルさんよ。
で、システムはあくまで4-1-4-1(ミヤザーは2列目の左)でいきそうだ。ただ、相手も4-1-4-1で来るので、対面ガチンコ勝負ですな。
となると、海本(幸)の裏のスペースを戸田がどう狙えるか。昨年末やられた鈴木(慎)をどう押し込むか、あとDFラインと山口の間の左右のスペースの使い方も大事だな。この意味で、キープレーヤーはミヤザーとなってくるのである。
いずれにしろ、ヒロミも反町もリーガ好きだから、旬の4-3-3をやってみたくなる気持ちはわかるが、駒がどこまで付いてくるのやら。とにかく明日はサイドの攻防にご注目といったところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2005

あと2日

さてさてさて。
開幕まであと44時間を切ってます。そんなこんなでミヤザーの調子が良いらしい。ということは、谷一郎を外して今ちゃん、ミヤザーのダブルボランチ+栗澤か。
これはこれで面白そうではないか。また、ニヤニヤしてしまう。
ただ、雪ってのがねー。ホームながらアウェー有利な状況?
今から防寒対策考えないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2005

決着

止める勇気が我々にも求められています。
日立台の当事者がいなかった事を救いとしていますが、過去の事件から得た教訓を我々が新しいファンたちに伝えていくしかないです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »