« マシニスト | Main | 過酷なフットサル »

February 14, 2005

ラグビーを憂う

朝日にしてみれば“してやったり”ってとこでしょう。オイラだったら笑いが止まらないだろうな。銭ボケの協会は恥の上塗り。放送を決めたNHKにしても、ふたを開ければ2.5%の低視聴率。ラグビーファンって放送しなけりゃいかんほどいるのだろうか。
そもそも、ラグビー自体スポーツ・コンテンツの中ではすでに終わってしまった感のあるカテゴリーだから、そこに乗っかる方もどうかしてる。決勝ならいざ知らず、いくら早稲田がらみとはいえ無理でしょう。

今年1月8日、府中ダービー(東芝対サントリー)を味スタまで見に行ったんだ。もともとラグビーには馴染みがあるし、育った府中のチームにも何かと縁がある。
それにしても、ほんと十何年ぶりにラグビーを現場で見たわけだけれど、味スタのバックスタンドに座ってみてびっくり。回りはみんな親父ばっかり。しかもかなりの率で酔っぱらってる。さらにそのほとんどが企業応援団なんだな。これでは底辺は広がらない、と思ったよ。女性が寄り付かないと流行らない、を絵に描いたようだったね。かつては、秩父宮なんかには、かなり美人系のお姉さまが多かったんだけど(今のサッカーみたいなギャルサポはいなかったのが素敵)、どこいっちゃったんでしょう。
対抗戦にしてもトップリーグにしても、大学や企業に対するロイヤリティがその根底を支えているわけで、どう考えてもそれ以上の広がりは見込めない。しかも、カテゴリーのトップである代表が世界水準から大きく水をあけられてしまっている。夢も希望もない。
高校ラグビーも行き詰まり感があるし、ラグビーの行く末はどうなるんだろうねぇ。

naoIMG
府中ダービーの始球式はナオのゴールキックでした。


|

« マシニスト | Main | 過酷なフットサル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/2924787

Listed below are links to weblogs that reference ラグビーを憂う:

« マシニスト | Main | 過酷なフットサル »