« January 2005 | Main | March 2005 »

February 2005

February 28, 2005

なぜ戦隊モノなのか

日経の記事でこんなの拾いました。
以前、アミノサプリのCMが所謂戦隊モノに変わったとき、なぜだという疑問があって、たまたまキリンの人にその経緯を聞く機会があって、なるほどと思ったことを思い出した。
すでに商品的に限界に来ているのをCMで何とかしようというのはそもそも無理な話です。「本質的には変わってないぜ」というメッセージを送ってしまう製作者側の神経がわからない。CMで嘘をついても無理、とわかっているなら、何か違う事を考えるべきでしょう。明らかに仕事を放棄している。
それに、個人的にはあの太ったキャラは生理的に受け付けない。あのイメージが商品イメージをスポイルしている。なんでも直接的に表現しすぎ。まったくクリエイティブじゃないよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2005

年間チケットほか

PIC_0067
というわけで、やっと届きました。今年は手の込んだソシオセット。アッセンブリーだけでも結構お金がかかっていそうな感じ。チケットも4色刷りになったし。ナビスコの賞金効果ですかね(カップウイナー・携帯ストラップ付)?毎年、少しずつ良くなっているところが東京らしい。チームも3年後ぐらいにリーグ優勝のイメージかな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

PSM

あ゛ー。やっちまった。
バルサ風味なんて夢のまた夢。ダニーロも柱にはならない感じ。
今年もあまり期待せず、またまったりと行きましょうかねぇ。
さてさてさて。
今年から倉庫の一部を開放しようと思います。02年からの観戦記が収録されています(今回PSMの詳細もアップ済み)。奇特な方はこちらへどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2005

長かったオフ

あー、だめだ。今からニヤニヤしちゃう。
現在4-3-3の予習中。
PSMとはいえ、いよいよ始まりますなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2005

突然の雪

今日は利田商店でした。調子に乗ってまた飲んでしまった。
0時を回りお店を出てみると直径2cm程もある大きなボタン雪がガーっと降ってるじゃありませんか。
風流を通り越して迷惑ですな。
拾ったタクシーはスタッドレス装着!ここは雪国ですか?
pic_0053.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 23, 2005

誰がしつけるのか

さてさてさて。

あまり書くつもりはなかったんだけど、いろいろな掲示板に書かれている発言を読んでいくと、「あんなの東京のサポーターなんかじゃない」とか「あんなやつらと一緒に見られて迷惑だ」なんて、結構無責任なやつらが多くて嫌んなる。なので、やっぱり書こうと思います。

 彼らは、何かしら東京を応援しているからこそ、ヴェルディ憎しであのような蛮行に及んだわけであって、その意味で彼らは十分「サポーター」です。保護者でもなんでもないのにユースのゲームなんか見に行くのはよっぽどの好き者か暇人です(笑)。ただ、今回のような事をやらかした瞬間、彼らは「サポーター」からただの「迷惑な人たち」に成り下がるわけです(ちゃんとした?犯罪行為だものね)。その行為が結果的にチームの足を引っ張っているので「サポーター」ではなくなってしまう。それだけの事です。

 で、この手の事はどんな社会でも起きるんです。止めようがない。集団が大きくなればなるほど、わけのわからない連中も増えてくる。たとえば、会社組織であれば規律やルール、会社のポリシーがしっかりしているし、それを浸透させる仕組みもあるので、組織としての統制が取れるわけですが、この「サポーター」のようなものは組織ではなく、崇拝対象の周辺に集まった個人の集積でしかないのです。だから、そこには集団としてのポリシーや規律は本来ありません。しかも、たとえ統制したところで暴力や破壊はなくならないのは、鹿サポや赤サポが証明してくれています(笑)。この手の集団を規制する手段はもはや法律しかないのでしょう(暴走族かよ?)。

法に訴えなければこの手の話はなくならないのか?味スタのイスの件や日立台の件で我々は学んだはずなのに、それが集団の常識として根付かないのはなぜか?迷惑がるだけで、あいつらは違うと無関心を決め込むのは簡単。批判するのは簡単。そう。我々は統制された集団ではないから。でもね、だからって言いっぱなしでいいの?そんなんだったらいつまでたってもなくならないよ。

結局、フットボール・サポーターとして(それ以前に人として、か)の最低限のマナーとしつけがなってないってことなんだ。で、サポーターとしてあるべき姿とは誰かが決めるものではなく、フットボールを愛する人たちが自発的に考える事なのだと思う。そして、一般社会人として良識があり、かつスタジアムでは熱く応援できる(ただし、ルールは守れよ)ということがサポとしての当たり前のこと=かっこよさなんだ、という認識を常識化していくことが、大事なんだと思う。真のフットボール・サポーターは単なる荒くれ者であってはならない。敵に対するリスペクトを絶対忘れてはならないんだ。文化といってしまうと大げさだけれど、そういったものが中側から発生して定着していく事が一番望ましい。クラブに言われたから守る、というのは絶対違う。

 東京のサポーターと呼ばれる人たちはすべからく「大人であり」常に「カッコいい」存在でいて欲しい(自分を含めて)。そのためにも、今回の犯人たち=ガキにはしつけが必要なのだ。子供のしつけは親がするもの。無知なサポーターをしつけるのは先輩サポの役目。態度で示すしかない。今回のクラブの対応そのものを疑問視する人もいる。身内として認定し、かばうのか、と。クラブが最終的な処分を発表していないので、現時点ではなんとも言いがたいが、サポ文化が未発達の中、誰かがそれを見なきゃならないわけで、それがたまたま専務という形を取っているだけなのかもしれない。特に東京の場合、求心力のある「団体」が存在していない事も要因になっているのだろう。

いずれにしろ、東京サポーターを名乗るなら、この問題を自らの問題として捉え、何らかの回答を自分で持つ必要がある。この問題に目を背けるやつらこそ「サポーター」を語る似非であると。ネットで放言するのはいい。ならば、その迷惑を目の前で見たとき止めに入れるのか。自分に置き換えてできるかどうか。自分だって、その場にならないとわからないが、少なからず、かかわる事でよくしていかなければならないのだろうと思う。いつまでも専務におんぶに抱っこじゃ仕方ないでしょ。自浄努力ってやつですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2005

PDAの末路

さてさてさて。
ソニー、クリエの新機種投入を終了?
PDA使い始めて10年以上になるけど、結局携帯電話が全てを統括する方向で業界は動いているのねん。
つまりPDAは使えないっちゅう訳だ。
でもね、世の中にはいるんだよ、オイラみたいのが。周りにも結構いるんだよ。全体からすると売れてないからってことなんでしょ?やっぱ。切り捨てですか(泣)。
かつてのβユーザーはこんな気持ちだったのかなぁ。自分はいいと思ったのに、世間からは認められてないって、なんか悲しい。
携帯に統合する事はありえないので、オイラ次はどこへ行けばよいのでしょうか?
迷えるひつじを救いたまへ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2005

落書き

ユースの選手たちに消させたんだってさ
最悪だ。堪えるよね。しかし、フロントも意地が悪い。
落書きのそもそもの原因をつくったのは負けた選手たちだとすれば、自分たちが負けるという事はこんな事にもなるんだということを自覚させる意味で消させに行かせたのだろう。
一方サポに対しては、自分たちの所業の後始末を何の関係もない若い選手たちがすることによって、愛情を注ぐべき対象が自分たちのせいで苦しんでいるこの矛盾に気づかせられる。
いずれにしても今回の件は子供の仕業。子供の後始末をつけるのは親の仕事。親とはクラブであり、お子様サポの周辺にいる大人のサポのことだ。
どんなチームにもこの手の事は起こりうる。その事でいろいろ批判がましいことも出てくるし、尻馬に乗って騒ぐ赤サポはもっとも愚劣だが、こういうことを繰り返しながら、サポとしての矜持と誇りは創り上げられていくんだということを信じたい。そのためには、こうしたネットでの論議よりも、実際のスタジアムで起こっていることに対して行動していく事が大事だと考える。

追記:大学生と高校生か。分別がつく歳といえばそうだが、やっぱりガキだよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボーン・スプレマシー(ややネタばれ)

bourne「ボーン・アイデンティティー」は観ていない。しかし、webサイトのいろいろな素人評を読みまわるとあまりできは芳しくなかったようだ。共通しているのが原作のよさがまったくなくなっているというところ。原作のあるスパイものか。原作の評判が高いほど映画化は難しくなるのが世の常。このシリーズ(3部作だそうだ)もご多分に漏れずといったところか、というぐらいの認識だったので、見に行くのもどうかと思っていた矢先、今作「ボーン・スプレマシー」の評価が高い。うぬ?これは一体どうした事か。その真相を急に知りたくなって観る気になったわけ。

Continue reading "ボーン・スプレマシー(ややネタばれ)"

| | Comments (0) | TrackBack (3)

形になってきた

さてさてさて。
練習試合の山形戦は快勝だった模様ですね。ダニーロが上手く絡んで右サイドをフルに使えているのが大きい。昨年はナオの故障でこの形がほとんどなかった。レポートには名前が出てこないですが、いろいろなサイトを読んでいると、栗の運動量と捌きがかなり効いているらしいです。今度の日曜日が楽しみです。
それにしても、この週末も年チケ届かなかった。はぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2005

ニューウエポン

adidasIMG

というわけで、adidas トッカa3 PD PULSE です。
長期在庫品だったので半額でしたヘ_ヘ)/。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

GSD第18話「ローエングリンを討て」

うーん。あの表現は問題あるよなぁ。やっぱ問題だよ。
アニメだったら何でもやっていいのか?の典型だ。
設定自体にリアリティがないがために、ああいう場面で少しでもリアリズムを語ろうとするスケベ根性が気に食わない。子供も見ているんだ。あそこまで直接的でなくても、描き方はいくらでもあるだろう。むしろ、直接見せないところで制作側の知恵が試されるのだと思う。明らかに配慮に欠けている。
プライベートライアン以降、なんでもマンマ見せればいいと思っているやつらが多すぎる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2005

中田兄弟@明大前

醤油&塩680円、味玉780円とやや高め。和風ラーメン。
あっさり魚介系のスープながら複雑な甘みがあり、こがしネギとこがしニンニクがいいアクセントになっている。
麺は中太縮れ麺でもちもち。味玉は半熟。チャーシューはバラロールのとろとろタイプ。ほうれん草が体にうれしい。白髪ネギ、海苔、太目のメンマと具のほうも盛り沢山。
塩は麺を中太のストレートに変えている気の使いよう。餃子、チャーシュー飯もあり、メニューは充実。
お店は狭く、カウンター7席。券売機の位置がちょっとネックだな。3人でやっていたが、どれが中田兄弟なのかは不明(3人兄弟?には見えなかったが…)。
まぁ、この値段も仕方ないかというぐらいちゃんと仕事してます。
★★★☆
pic_0000.jpg
写真、ぼけててすみません。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

今日の〆

久々に神田あたみにいってマッタリしました。
やっぱり宝山芋麹全量はうまいです。
pic_0000.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2005

熾烈な中盤争い

さてさてさて。
栗の評価が高い。ダニーロ軸というより栗軸だぞ。小僧は一時戦線離脱だが、ここに陽平が絡んでくるといよいよわからなくなってくる。今ちゃんの自立話を聞いていると基本は4-2-3-1だろうが、2-3の組み合わせは無限にも感じる。あさってあるけど我慢して、ある程度形になっているだろう2/27を楽しみに待ってましょう。ワクワク。

ところで、昨年申し込んだにもかかわらず年チケまだ来ねーぞ!!どーなってんだぁ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何が一番届くのか

04年の広告費でインターネットがラジオを抜いたとのこと。
一般的な消費者の感覚からするとどうなんだろう。ネットにいつもつながってる感じの我々からすると、何でラジオなんか使うの?という感じだけれど、こんな話を聞くと、ネットもまだまだ市民権を得てないのかな、とも思うね。
ネットは能動的なメディアなので、ニーズの高いところへセグメントしていけば広告の効果も高くなる。タレ流しのマス広告とは違うんだな。無駄が少ないってこと。だから「広告費」としてみれば少なかった、といえない事もない。実際、テレビ広告なんかに比べて全然安いし。
日本のネット人口は2003年末で7,730万人になり、人口普及率が初めて60%を超えた。これだけのマーケットがあれば、不確かなマス広告より確実につながるネットの方がいいに決まってる。それはつまり、いわゆるマス広告の役割が改めて問われる時代になってきたということでもあるのです。
広告は文化だ、なんて言ってた80年代から、マス広告自体何の進歩もしていない。そうオイラには思えてしまう。“クリエイター”って呼ばれる連中が一番保守的だったりするんだな。
自戒せねば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2005

頑張れ小僧

3~4週間の負傷というと、オイラなら全治2~3ヶ月って感じ?昨年夏にやった肉離れはそれぐらいかかったかなぁ。
ケガは付き物とはいえ、「無事此れ名馬」とも言う。東京のフィールドプレーヤーで言えば金沢や今野だろう。毎試合必ずピッチにいるという強さは何物にも代えがたい。
この時点でケガということは、キャンプでのフィジカル強化が上手く行っていなかったということだ。昨年も終盤スタミナ切れでパフォーマンスが落ちるときが多かった。一昨年に比べれば、体はずいぶん大きくなっているように見えるのだが、それでもフィジカル的にはまだまだなんだね。
栗澤がすぐ後まで来ている今、1ヶ月もプレーできない事にあせりを感じるかもしれないが、事を急いてシーズン全部を不意にすることがない様じっくり構えて欲しいと思うぞ。1シーズン制ってのはそういうことでもあるのだ。
これまでも、将来嘱望された多くの選手たちがケガによってその才能を開花できずドロップしていった。小僧にその轍は踏んで欲しくない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2005

日帰り出張

pic_0050

さてさてさて。
今日は名古屋です。今朝気づきました(^_^;)。
4時に東京を出て、今戻りの新幹線にのるところです。
くたびれます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

過酷なフットサル

さてさてさて。
今日は(日付超えてしまいましたが)会社のサルの練習。
病み上がりなのでちょっとキツいです。
さらに追い討ちをかけるように靴ずれが…。
最後のほうは足の裏が痛くて動けませんでした。
週末、シューズ新調します。

pic_0000.jpg

pic_0049
こんな感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2005

ラグビーを憂う

朝日にしてみれば“してやったり”ってとこでしょう。オイラだったら笑いが止まらないだろうな。銭ボケの協会は恥の上塗り。放送を決めたNHKにしても、ふたを開ければ2.5%の低視聴率。ラグビーファンって放送しなけりゃいかんほどいるのだろうか。
そもそも、ラグビー自体スポーツ・コンテンツの中ではすでに終わってしまった感のあるカテゴリーだから、そこに乗っかる方もどうかしてる。決勝ならいざ知らず、いくら早稲田がらみとはいえ無理でしょう。

今年1月8日、府中ダービー(東芝対サントリー)を味スタまで見に行ったんだ。もともとラグビーには馴染みがあるし、育った府中のチームにも何かと縁がある。
それにしても、ほんと十何年ぶりにラグビーを現場で見たわけだけれど、味スタのバックスタンドに座ってみてびっくり。回りはみんな親父ばっかり。しかもかなりの率で酔っぱらってる。さらにそのほとんどが企業応援団なんだな。これでは底辺は広がらない、と思ったよ。女性が寄り付かないと流行らない、を絵に描いたようだったね。かつては、秩父宮なんかには、かなり美人系のお姉さまが多かったんだけど(今のサッカーみたいなギャルサポはいなかったのが素敵)、どこいっちゃったんでしょう。
対抗戦にしてもトップリーグにしても、大学や企業に対するロイヤリティがその根底を支えているわけで、どう考えてもそれ以上の広がりは見込めない。しかも、カテゴリーのトップである代表が世界水準から大きく水をあけられてしまっている。夢も希望もない。
高校ラグビーも行き詰まり感があるし、ラグビーの行く末はどうなるんだろうねぇ。

naoIMG
府中ダービーの始球式はナオのゴールキックでした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2005

マシニスト

さてさてさて。
ぼちぼちフラフラできるぐらいになってきたので(随分かかったなぁ)、映画でも、と以前から観たかったマシニストの周辺情報を見ていたら、あらら当分無理そうね

一方、本日小平ではヴァンフォーレを迎えて練習試合をやっている頃です。相当見に行ってると思うんだよね。
そーいえば、ナビスコの柏戦アウェーがひそかに昨日?に売り出されていたらしく、G裏は即完売の模様。やはり日立台は足が速い。

なんか、周囲の動きにぜんぜんついていけてないなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 12, 2005

利田商店

さてさてさて。
風邪のほうは鼻づまりと軽い咳ぐらいまで復活。ここ3日ぐらい呑んじゃった分直りが遅くなったかな。今日ぐらいは安静にしてましょう。スーパーボールの再放送にもありつけたので ヘ_ヘ) (GJ!GAORA)。
ところで、利田商店の常連kennyさんがお店のブログを立ち上げたとのこと。
オイラは週一ぐらいなんだけど、ほぼ毎日お店の様子がのぞけるのは楽しいです。
とにかく、今後ともよろしくってことで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2005

今日のもちぶた

さてさてさて。
今日ももちぶたは常連で満員。
えのちゃんの友達のインディーズの「デフ・テック」の売り込みがありました。ハワイアンレゲエってカテゴリーらしいです。ブレイク直前?
P.S.えのちゃん、mixiは招待メールがないと入れないんだよ。って、わかんねーか。

pic_0047.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (2)

February 10, 2005

白+黒

さてさてさて。   
今日はボスと久々に渋谷NALUでディナー。
イカスミとペンネゴルゴンゾーラの合わせ技。ビミョー。
本日まわりは女性客ばかりで浮きまくり。特にうちのボスの存在はやばい。

pic_0046.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

特ダネの馬鹿

さてさてさて。
フジテレビには困ったもんです。悪乗り小倉と松木の最悪2トップ。こーゆーやからが代表のミーハー度を上げてるんでしょうね。地上波の感覚にはついていけません。
それにしても、フォーメーション板に加地のプレートがなかったときには“ブチッ”て感じです。おそらく、東京サポからの抗議の電話が10本ほど?フジテレビに入ったのではなかろうか。加地ってやっぱり地味なのかなぁ。

で、肝心のゲームの方は仕事の都合で生放送では見れず、録画するだけのモチベーションもなく、勝って当然ぐらいの感じだったのですが、相変わらず結果オーライでしたね。とても「チーム」として応援する気にはなれません。
オイラとしては、本戦に出場できて当たり前、と思ってます。それだけ(アジアを勝ち抜くだけ)のタレントはそろっている。できないようでは監督や協会スタッフのオーガナイズに問題がある、といわざるを得ません。
でも、ジーコにはつきがあるのも事実。ここまできたら、彼の命運が尽きるまでとことん付き合うしかないでしょ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

左側通行

さてさてさて。
今朝、出勤時のこと。前を歩く男女3人組。エスカレータで右側に寄って立ち止まる。普通左側だよなと思いながら彼らの後を歩いていくと関西弁が聞こえてくる。そういえば、関西(大阪?)では東京と反対側を開けると聞いたことがある。でも、なんで左側を開けるの?日本の道路交通なら追い越しは右側からではないか。もしかして、関西人はアメリカナイズされてるのか(笑)。
うどんのつゆ、うなぎの裂き方に次ぐ日本の境界線の謎だな(ちなみに名古屋は右開け)。もしかして、大阪だけなのかな?何でか知ってる人、誰か教えて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2005

幻のスーパーボール

風邪の具合、相変わらず声はガラガラ、喉はカラカラですが、昨日よりかは楽になってきました。もうちょっと自粛モードです。

さてさてさて。
昨日のスーパーボール、見逃しちゃったんですねー、実は。
事情は複雑ながら、簡単に言えば再放送の時間がバルサ戦とかち合っちゃって、バルサを優先したってことなのです。バルサ戦を録画にまわして、窮余の策で地上波を見始めたんだけど(CATVとTVチューナーは別系統になっている)、時間が深すぎて今の体力では無理。いつの間にか寝てました。
今年は好ゲームだっただけに残念!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2005

回復せず

さてさてさて。
この土日ずっと寝てたにもかかわらず、一向に風邪が治らない。
熱は出てないみたいだけれど、咳をすると、首筋や頭がずきずきするし、鼻水は出るし目はしょぼしょぼするし、久々にかなりつらい状況。
ところで、マスクをしていると「どっち?」って聞かれる。そういえば、そろそろ花粉の季節ですな。まだ、飛んでないみたいだけど、このままだと春までずっとマスクしっぱなしかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2005

Foot! Thursday

さてさてさて。
再放送見ました。
ヒロミ、今年も番組タイアップ休暇(笑)を楽しんだようですね。ロンダ(断崖絶壁の町は凄かった)とかトレドとか観光もしてうらやましい。
昨年イルレタのときよりは尺が短いような気がしましたが、しっかりライカールトにフレンドリーマッチの売込みしてたのは心強い。今年の夏に実現化?
グルメ話では、カタルーニャのネギ。下仁田ネギみたいで見たからに甘そーだった。ちなみにヒロミはネギが苦手なんだってさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かぜだー

さてさてさて。
風邪を引いてしまいました。
午前中から家の片付けや録り貯めした番組を見たり整理したりで、あっという間に一日が終わってしまった。はぁ。熱はないみたいだが、咳をすると頭にすごく響く。首が痛いよー。
昨日は利田でゆっくりできなかったしなぁ。あー、憂鬱。早く寝て早くなおそっと。

あー、あとCATVのチューナー、自然と直ってました。なんでだろ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2005

スーパーボール

さてさてさて。
エミット・スミスが引退するそうです。カウボーイズの黄金時代をトロイ・エイクマンとともに築き上げた彼もそんな年になっていたんですねぇ。
思えばNFLとの付き合いは、ドルフィンズのボブ・グリーシー、ジェッツのジョー・ネイマスから始まって、マリーノ、モンタナ、エイクマン、ヤング、そして最近のファーブあたりまで、名QBの歴史でもあります。
その中で、RBとして鮮烈に印象に残っているのが彼の走りでした。パワーとテクニック両面に優れ、とにかく最後はなんでもスミス頼みって感じ。
あのころのカウボーイズはほんと強かった。

今年は、近年プレーオフの常連ペイトリオッツに24年ぶり決勝進出したイーグルス。月曜の朝が楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2005

サッカー民度

スタジアムへ行く人間がどのレベルなのかが問題です。
真にサッカーというものを理解している人たちが主流ならば問題は起きないでしょうが、所謂「えせ」とか「にわか」が多いと、どうなるか。その保証の限りではなさそうです。
今の日本代表が日本のサッカー文化を代表しているかどうか、はなはだ疑問なんです。あれは別物。そこへナショナリズムという厄介なものを抱え込んじゃうと、もしかしたら、ということも考えなくもない。ただ、ゲームがグズグズになって最悪引き分けに終わった場合、という条件はつきますがね。だから、多分大丈夫だと思いますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CATVチューナー2

さてさてさて。
今日お昼に電話が来ました。
様子を話したら今週末に点検しに来るとのコト。
結構大事か?
でも、このレスポンスのよさは小気味良いヨイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CATVチューナー

困った。
電気工事のために夜中1時間ちょっと停電していたのだが、復帰したらCATVチューナーの番組予約が突然できなくなってしまった。夜中なので電話もできず、とりあえずメールを送ったが、返答は担当者から連絡させます、だって。
自動入力(CATVチューナーの電源が入ると自動的に録画を開始する)が便利なのだが、今の状態だと、DVDで時間指定し、チューナーはチャンネル固定でつけっぱなしの状態にしなければならない。つまりチャンネル違いの2番組は録画ができないってこと。
停電前はできてたのに。何故?J-comさん、なんとかして。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蹴り初め

さてさてさて。
昨日はフットサルの蹴り初めでした。人数が集まらず、急遽コートにいたサッカー教室の参加者に頼みこんで練習試合。
個人の技術レベルはこちらの方がちょっと上でしたが、年齢・コンディション・コンビネーションとサルの戦術理解度では及ばず、カウンターで大量失点でした(持久力がないので、みんな戻りません)。
フットサルでは、攻守が落ち着いてハーフコートゲームになると人が密集するので、切り崩すのがなかなか難しい。そこでどうやってスペースを作るかが課題になるわけですが、そのへん今回は勉強になりましたね。やっぱりゲームは楽しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »