Main | February 2005 »

January 2005

January 31, 2005

始動!

さてさてさて。
ついにキャンプインし、早速ゲーム形式の練習をしたそうですが、風聞ではダニーロもよさげ?いきなりワンボランチとか言ってるし、4-3-3のバルサ風味東京も現実味を帯びてくるのでしょうか。一方でDF陣のケガちょっと気がかりです。
まぁ、なんにせよ、開幕が待ちきれない。
ちなみに明日はPSMのチケット発売日ですよー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 30, 2005

雪を舐めたらいけない

1.30一夜にして雪に埋もれてしまいました。やはりヨンクでないと危険です。この後で町のはずれのお蕎麦屋さんへいったのだが、そこまでの一本道で何台かスタックして立ち往生してしまっていた。雪道は怖い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2005

野沢菜最高

nozawanaお約束のお昼の光景。このまま下山モードです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雪山サイコー

akakura1.29赤倉に来てます。最高のコンディションです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2005

無責任な発言

さてさてさて。
ナビスコカップ決勝のチケット争奪もすごかったですが、こちらは輪をかけてすごいですな。席数が少ないってのもありますが、“90秒”ですか。
でも、この社員の発言が実にマヌケ。なぜいつも人気がないんだろうって、1回でも考えたことがあるんでしょうか?残念がる前に、廃止にならないように考えるのが、あんたらの仕事なんじゃないの?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダニーロ選手来日!!

さてさてさて。
やっと来ましたか
見た目、髪形は樹木希林、顔立ちは曙太郎。ブラジル人というよりは東南アジア系の人って感じもしますが。どんなプレーを見せてくれるのでしょうか、楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2005

つらい

さてさてさて。

昨日は年甲斐もなく5時まで利田の若者たちとカラオケ&ダーツで盛り上がってました。久しぶりのオールナイトはさすがに、辛いです。
ちなみに歌った曲は以下の通り。
1.リライト(アジアンカンフージェネレーション)
2.奇跡の地球(ほし)(桑田佳祐&MR.CHILDREN)
3.バンビーノ(布袋寅泰)
4.新・ラーメン大好き小池さんの唄(シャランQ)
5.ロケットダイブ(hide with Spread Beaver)
6.今夜はブギーバック(小沢健二featuringスチャダラパー)
7.miss a thing(AEROSMITH)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2005

商売下手

さてさてさて。

またもや、任天堂がコケました。DSもPSPも店頭で試したことはないですが、PSPの方がそのメリットを的確に伝えることに成功し、かつゲーマーのニーズのフィットしていたということなのでしょう。宇多田が笑ってるから面白い、というコミュニケーションの構図は送り手の手抜きでしかなく、「タッチする」という新しいプレースタイルに対してゲーマーからの理解が得られなかったということ。それ以前に、ほんとに面白いのか?事前にテストマーケティングしたんですかねぇ。

ミンゴがきれいな画像で持ち出せる、ってすごくわかりやすく魅力的。でも、これはソリューション型のマーケティングなわけで、任天堂の方が新しい価値を生み出そうとしている点で共感できます。これにくじけず定着するまで頑張って欲しいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カブ、アマの元へ

さてさてさて。

東京OB選手の動向はいつも気になるところですが、カブも新しい職場を見つけたようでメデタイ。アマ効果ですかね。Jで活躍できるだけの力はなかったにしろ、見る側を楽しませてくれるという点では抜群のキャラだったと思います。西が丘で見たカブはファンキーだったなぁ。記録より記憶ってやつです。大谷が行ったザスパといい、来季は群馬が熱いぜ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2005

クイーン?

さてさてさて。
知らない間にこんなことになっていたんですね。また、お金がなくなったから?なんて下衆なかんぐりもしたくなるけれど、とりあえず今回は純粋にやってみようよ、というのがスタートラインだったみたいなので、期待はしてます。ただ、それならば、なおさら「QUEEN」の看板を使うのは避けて欲しかった。神格化された存在フレディー・マーキュリー=QUEENであり、ポール・ロジャースがいくら優れたシンガーであり独自の解釈をしてQUEENの歌を歌っても「QUEEN」にはなりえないです。「BPR」じゃダメっすかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2005

70点軍団

1試合平均約2点の勘定。想定見積り内訳、ルーコン15点、ナオ10点、戸田10点、小僧5点、ジャン5点、今ちゃん5点、陽平5点、その他で15点。ダニーロがどんな感じかにもよりますが、とりあえずのノルマはこんなところでしょうか。今年は是非フジのゴールが見てみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2005

仮面ライダーブレイド(ネタばれ)

さてさてさて。
最終回でした。平成の仮面ライダーは、昔のように悪の組織が壊滅して終わりっていうのではなく、超自然力が設定の核なので、終わり方がいつも難解だ。今回はアンデッド(モンスター)をすべて封印すると人間世界がリセット(モンスターに滅ぼ)されるという設定で、ヒーローは人類滅亡を回避するために自らがアンデッドになることを選択する、という終わり方。主人公は誰にも知られずどこかへ消えていってしまう。かなり寂しい。
ヒーローの自己犠牲によって世界が救われるというストーリーは良くあるが、子供向けの番組にしてはかなりシリアスだと思う。子供はこの終わり方で納得するのかなぁ。その前に理解できるのか。

この手の番組が子供に与える影響を研究したレポートによると、勧善懲悪タイプの番組のほうが攻撃性が増すらしい。攻撃の正当性を与えるからというのがその分析。もしそうなら、時代劇で育ったわれわれはもっと凶暴になっていてもよさそうなものだが…。
善悪をハッキリさせることと暴力は切り離して考えるべき。幸い平成仮面ライダーシリーズは「脅威」はでてきても明快な「悪の敵」は出てこないからいいのかも。そこまで考えてつくっているのだとしたら、すげーな。制作者の皆様どつかれさん。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 22, 2005

写真展

PIC_0100さてさてさて。
ボスといって来ました、東京の写真展。今日は今ちゃんと陽平のサイン会。ボスが出待ちしたいというので待っていると、一般人?が目の前を通っていく。今ちゃんじゃん。地味やなー。陽平も寝癖のように髪立ててたし、どうなのよ。でも、ギャルサポは群がってたな↑。こういったイベントがどこまで効果を発揮するのかはさっぱりわからないけど、やらないよりはイイのでしょう。

イベントの後、フットボール・ラバーズへ行く。フロアマネージャーらしい若造がうちのボスに向かって「東京サポの方ですか?」って言うじゃなーい。味スタで見かけたらしい。よっぽど記憶に残るお人なんだな、ボスは。サポの間に手配書でも回ってるんじゃないか?で、本人はまんざらでもないんだよな、これが。今シーズン、ファミリーがどこまで拡大するかちょっと楽しみ。
お店の彼に、せっかくのフットボールバーなんだから、せめて料理なんかは欧州各国の名物っぽいものを置いたほうがいいよ、なんて偉そうな事言って帰ってきました。
ちなみにホペイロナイトは80人入ったそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あたみラーメン

ついにブログをはじめました。3日坊主にならないようにがんばろっと。

さてさてさて。
昨日は会社の連中に拉致され神田にある「あたみ」というラーメン居酒屋に連行されました。常連なのでメニューにないつまみが次から次と自動的に出てくる。これが、魚中心のお袋の味で健康的かつおいしゅうございました。
houzanimoimo
このお店での最大の収穫は宝山の芋芋に出会えたこと。1年に1回しか出荷しないらしく、かなりレア度の高い一品。魔王や佐藤の黒も置いてあったが、わき目もくれずに食いついたら、おやじさんが麦の古酒を飲ませてくれた。これまたレアで美味しい。
こーゆーいいお店に出会えると、生きてて良かったなーって思える。ほんと安上がりだな、おいらは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | February 2005 »