February 23, 2018

ファンタジーサッカー2018 第1節

いよいよ開幕ですね。今季こそはプロリーグ昇格目指して頑張ります。そのためにはコンスタントに80fp出さないといけません。しかしながら、相変わらずシーズン序盤は勢力関係がわからないので、どうしてもわかりやすいところから入ってしまいますね。昇格組同士ですが、ある程度力関係が読める湘南と、すでにゲームをこなしている桜組を軸に選びました。掟は相変わらず継続なので、開幕ゲームとはいえ苦手の赤軍ですから我が軍は控えめに。今季は予算に余裕があるときはサブでもなんでも建英を必ず入れようと思います。
 
【mini】(第1節)
GK秋元(湘南)
DFアンドレバイア(湘南)
DF太田(東京)
DFマテイヨニッチ(C大阪)
DF松田陸(C大阪)
MF水沼(C大阪)
MF山口蛍(C大阪)
MF梅崎(湘南)
FWディエゴオリベイラ(東京)
FWイジョンヒョプ(湘南)
FW杉本健(C大阪)C
sub FW久保建(東京)
 
今季の掟
①東京の対戦相手からは選ばない
②赤軍からは選ばない
③毎節東京から最低2人以上エントリー
④本編成後、余った予算でエントリーできる場合は必ず建英をエントリー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2018

祈りの幕が下りるとき

原作は東野圭吾。TBSでドラマ化された『新参者』シリーズの完結編だそうだ。原作未読でドラマも一回も見たことがなく、なぜかYahooのレビューがいいのにつられて鑑賞した。ミステリーとしてはありきたりな感じがしたものの、松嶋菜々子の熱演に救われたような一作。(ネタバレ)
 

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2018

Re:CREATORS

Re_creators

Re:CREATORS
広江礼威/あおきえい
 
『ブラックラグーン』をほっぽりだして広江氏が没頭していたオリジナル作品。アニメやラノベ、ゲームの登場人物が現実世界に現出して、世界を崩壊へと導く戦いに巻き込まれていくというお話。空想世界が現実化する現代日本というメタ構造のなかで、異なる複数の作品が細部にわたって設定され、またそのキャラクターにもそれぞれの作品世界の背景があり、それが現実(作品の中)の著者作者と絡み合うことでドラマがさらに重層化していく。そういう設定の面白さがまずある。
 
タツノコが自社キャラを集合させた作品をCGでリリースしたが、本作は全く過去実績のない架空の作品を複数このためだけに起こして組み合わせている。その労力たるや数作分のアニメを作っているのと同等と言ってもいいのではないだろうか。この思い付きにつき合わされた現場は気の毒としか言いようがない。だが、それだけの価値はあったように思う。
 

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2018

メイドインアビス

Photo

メイドインアビス/つくしあきひと
竹書房〈バンブーコミックス〉
 
今年の正月の課題図書。アニメの衝撃から逆流するパターンで既刊6巻を一気読み。TVシリーズが3巻目までの分量しか描けなかったことを見るに、この世界(観)は実に深く、情報量に溢れている。
 

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2018

キングスマン:ゴールデン・サークル

冒頭派手なカーチェイスの後は、いきなり人間ミンチバーガーのグロ描写。相変わらずの弾けぶりにワクワクする。ストーリーは小気味よく回転し、登場人物が多いわりにすっと頭に入ってくるのは、軸がぶれていないからだろう。それにしても、エルトン・ジョンを本人役として起用するアイディアは誰が考えたのだろうか。いかにもイギリス的なユーモアではないか。そして、その起用に応えて、エルトン自身も大暴れ。痛快娯楽活劇の決定版だ。
 

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«スター・ウォーズ/最後のジェダイ