March 21, 2017

ファンタジーサッカー2017 第4節レビュー

こういう時に限ってCマーク外したりするもんだからこうなるんです。辛抱が足りませんな。結果はまずまずでしたが、ちょっとした入れ違いでもう少し何とかなったかもと思うと悔いが残ります。もう少し我が軍を信じてやってもよかった。
 
【mini】(第4節)
GKクォン スンテ(鹿島)…6fp
DF水本(広島)…7fp
DF塩谷(広島)…5fp
DF植田(鹿島)…9fp
DF松原健(横浜)…2fp
MFレオシルバ(鹿島)…4fp
MF金崎(鹿島)…10fp
MF中島翔(東京)…7fp
MFダビドバブンスキー(横浜)…3fp
FWペドロ ジュニオール(鹿島)C…4fp
FW大久保嘉(東京)…13fp
合計74fp 通算…260fp
チーム時価 +4700
74位/160(↑41)プロリーグ
 
リーグ序盤、大宮がちょっとおかしいですね。広島も点が取れないで苦戦している。札幌はまぁあんなもんでしょう。どこまで踏ん張れるか。清水も意外と頑張っている。折り返しで勝ち点シングルはほぼ降格ですからね。
 
P.S.生地君は筑波に決まりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2017

ファンタジーサッカー2017 第4節

鹿島を軸に広島、横浜とボトムズ予備軍相手をチョイス。我が軍と言えばクラシコなので難しいです。好調中島と悩める大久保をエントリーしました。まぁ、当てにしてませんがね。仙台戦の無慈悲なスコアは相手の問題が大きすぎますし、まだチームとして戦えていない。観戦自体もお休みなので、土曜日はお任せです。
 
【mini】(第4節)
GKクォン スンテ(鹿島)
DF水本(広島)
DF塩谷(広島)
DF植田(鹿島)
DF松原健(横浜)
MFレオシルバ(鹿島)
MF金崎(鹿島)
MF中島翔(東京)
MFダビドバブンスキー(横浜)
FWペドロ ジュニオール(鹿島)C
FW大久保嘉(東京)
 
さて、W杯予選のメンバーが発表になりましたが、サポメン含めてまたぞろうちから招集されて、やはり東京枠ってあるんでしょうかね。面倒な話です。
 
それと、スズケンが故郷に戻ってブラウブリッツのスクールコーチになったそうです。ユースケはNPO法人の代表になって、子供たちにサッカーも教えているらしい。引退して皆それぞれの道を歩き始めています。まだ、何人か行方不明がいますけど、規郎とかどうなってんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2017

戎馬倥偬

FC東京<無慈悲なスコア>仙台
 
急に冷え込んでスタジアムは寒かった。でもゲームの中身はあっちっちぃでほっくほく。いいものをいろいろ見せてもらった。「無慈悲なスコア」は6-0
 
仙台は、リーグ戦前節で出場したのはDF大岩MFタマの2人しかおらず、大幅にメンバーを変えてきた。しかも規定でスタメン出場を義務づけられているU21が、常田、茂木、西村と3人もいる布陣。対する東京は、U21は小川ひとり。途中から柳もピッチに立ったが、基本的にはレギュラー中心だ。土曜のスタメンは林、モリゲ、高萩の3人だけだが、他は少なくとも普段からベンチに座っているメンバーなので、それほど力が落ちるとは思えない。ゲームはまさにその戦力差ままの結果となった。
 
戦力もそうだが、仙台が東京をリスペクトし過ぎたのもこの大差の一因だろう。仙台の寄せが緩く、またミスも多かった。東京の得点の多くはカウンターだ。中盤高いところでも良くボールが奪えていたが、攻守が切り替わった時点で、中盤でフリーでボールが持てた。だから、攻撃人数が2~3人でも容易にボールをG前まで運べたのだ。仙台は、ボランチ2枚のポジションが高くなって、そこをCBなりが埋められなかったのが大きいと思う。マッスゥ…ORZ。だから、あとは東京の勢いに押されるがまま最終ラインはあたふたと後退し、いいようにシュートまでもっていかれてしまう。珍しく東京もカウンターの勢いでG前まで人数が押し上がっていって、こぼれ球も随分と押し込んだ。
 
この日の最大の収穫は何と言っても阿部だろう。前半から前線で追いまわし、中へ外へと圧倒的な運動量を誇った。先制のダイレクトシュートはお見事。リーグ戦でもスタメンがありそうな活躍ぶりだった。いつもは途中出場の翔哉も前線を駆け巡る。強気のシュートを上手く決めて2得点。バーンズ、前田と合わせて、先発前線はとにかくよく走った。モリゲから譲られて、途中出場のウタカが挨拶代わりのPKを決め、高萩に代わって入った拳人は、前節の自殺点のうっ憤を晴らす似たような押し込みゴールをゲット。最後はウタカと翔哉の見事なパス交換で生まれたゴールで大収穫祭を締めくくった。
 
後半、バーンズに代えて柳を投入したところから3-4-2-1にシフトし(吉本が3バックの真ん中ってのもいかがなものか。でも左脚使えないんだろうなぁ)、ウタカ投入をお膳立てしたのだが、篠田さんはウタカをトップに入れた。まぁ、彼はあまり守備はしないので、今の東京ではスターターにはなりえないだろう。翔哉とのパス交換などからもわかるが、すでにコミュニケーションは十分取れているようだし、ちゃんと周りも使えるクレバーなプレーヤーのようだ。ギアチェンジには適材かもしれない。前線3人はいずれもタイプが異なり、篠田さんも贅沢な悩みを抱えたものである。大事なのは、ターンオーバー的にやっていくのではなく、リーグ戦含めてチームとしてのポテンシャルをどう最大化し維持していくかなわけで、この結果は、相手の問題はあったにせよ、今後のリーグ戦の試金石にして行ってほしいと思う。3-4-2-1は意外と使えそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2017

SALOMON X-MAX X12

SALOMON X-MAX X12

3.5シーズンぶりに新車を導入しました。サロモンは初です。3月初旬とはいえ、10㎝ほど積もった新雪のお陰でトップシーズン並みのコンディションで下ろせたのは勿怪の幸い。パウダーを楽しみつつ、新車の具合を確認できました。

チタンとカーボンで軽量化されているものの、そこまで軽くはないです(アトミックに比べればダンチですが)。長さは170㎝と今乗っているフォルクルとさほど変わりませんが、ラディウスは15mとフォルクルより短くなっています。本当は165㎝の方が良かったかなと思いましたが、いやいや実際乗ってみると170㎝の方が良かったのではないかと思えるぐらいでした。おとなしく滑っている分には素直でこれといった特徴は出てきませんが、スピードに乗せるとその性能を十分感じることができます。高速域における安定性と操作性、レスポンスの良さは、板の軽さからすると想像を超えており、フロントロッカーもスピードを出すことで意味を持ってきます。雪面をグリップする感覚は超気持ちいい。アトミックのどっしりした雪を押しのけていく感じの乗り味(安定感)に比べ、X-MAXはキレ味鋭く切り割いていく感じですね。スピードを出してこそ楽しめる板です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2017

ファンタジーサッカー2017 第3節レビュー

自信のなさがそのまま出た節ではありますが、我が軍の2人から手ひどい仕打ちを受けたのが一番痛かったです。チーム自体も悪かったですが、それを見越して2人の最低エントリーにしたにもかかわらず、よりにもよってマイナスの2人をズバリ選んでしまうとはツキがない(翔哉は外してタマを入れました)。憲剛や鹿島が良かったので、もうちょっと真剣に悩むべきでした。積み重ねが大事ですね。この節が後あと響きませんように。
 
【mini】(第3節)
GKクォン スンテ(鹿島)…10fp
DF富澤清(新潟)…0fp
DF菊池光(大宮)…3fp
DF植田(鹿島)…9fp
DF永戸(仙台)…3fp
MF三田(仙台)…3fp
MF中村憲(川崎)…15fp
MF橋本拳(東京)…-1fp
FWペドロ ジュニオール(鹿島)C…3fp
FW大久保嘉(東京)…0fp
FWホニ(新潟)…2fp
合計50fp 通算186fp
チーム時価 +2760
115位/160(プロリーグ)
 
吹田のゲームは前半だけなんとなくDAZNで見ましたが、まだチームになってないという印象しかありません。貯金を全部使い果たして、また一からやり直しです。次節はホームでクラシコです。現場には行けません。嫌な予感しかしません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«新生U-23